大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

大磯コミュニティ・カレッジ「日本歌謡の流れ」で講師を務める 田中 直子さん 二宮町中里在住 42歳

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

日本古来の歌謡を現代に

 ○…「人生経験と思ってトライしたい」。鎌倉で20年にわたり音楽と美術の総合イベントに出演し運営にも携わってきたが、人前で講演するのは今回が初めて。その緊張を前向きに捉え「話だけでなく、古い歌謡を歌と舞で現代に再生する実演も披露して、皆さんに楽しんで頂きたい」と意欲をみなぎらせる。

 ○…幼い頃、母のピアノ伴奏で歌って踊ることが大好きだった。「歌か踊りが将来の夢。今、その両方をできていることが嬉しい」とほほ笑む。病弱な体を克服するため小3から空手道場へ通い、地区大会で優勝するほどのめり込んだ。空手を通じて東洋的なものに触れた経験が、西洋音楽に偏らない現在の活動に繋がっている。中高を私立の音楽科で過ごし、芸大の声楽科へ。「視野を広げたい」と望んでいた時に、高校時代の恩師・佐野清彦氏から「地球音楽園」に誘われた。

 ○…歴史や民俗、自然といった幅広い視野で音楽や美術に親しみ、現代を軸に再生を試みる同園の活動。年1回のイベントでは、万葉集の東歌にメロディーを付けて披露するなど出演と運営を兼ね、気付けば全体のプロデュースを任されていた。「色々なことに挑戦させて頂き、成長と出会いの場を与えてもらった。佐野先生は完成されたものより、『今、ここ』に現れるものを大切にしている人。何が出てくるかわからないまま進むので大変だが、とても面白い」と恩師への感謝と尊敬を滲ませた。

 ○…ソプラノ歌手として活動するほか、コーラスグループも指導。「地元の子どもたちに日本の歌謡に触れる機会を作ってあげたい」という夢も抱く。毎朝の気功で意識と身体をリラックス。散歩や買い物で、夫と四季の移ろいを感じながら歩くのが楽しみの一つ。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

きばやしさん

3月31日にCDデビューと記念ライブを開く

きばやしさん

大磯町出身 19歳

3月27日号

塚本 昭子さん

大磯のギャラリーでとんぼ玉の作品展を開いた

塚本 昭子さん

横浜市在住

3月20日号

宮前 礼子さん

「伝筆(つてふで)」の楽しさを発信・普及している

宮前 礼子さん

平塚市在住 

3月13日号

竹内 龍雄さん

45周年を迎えたゴルフ愛好会「百合が丘会」の会長を務める

竹内 龍雄さん

二宮町百合が丘在住 80歳

3月6日号

佐藤 叔未(よしみ)さん

大磯町で手作り服の個展「着ごこちのよい生活」を開く

佐藤 叔未(よしみ)さん

小田原市在住 45歳

2月28日号

武田 満明さん

確定申告のシーズンを迎えた平塚税務署の署長を務める

武田 満明さん

小田原市在住 60歳

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第41回「吉田茂【8】」文・武井久江

    3月27日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク