大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

大磯町で手作り服の個展「着ごこちのよい生活」を開く 佐藤 叔未(よしみ)さん 小田原市在住 45歳

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

着て嬉しい楽しい服つくる

 ○…シンプルだけれど、ちゃんとして品がよく見える洋服づくりがモットー。2月28日(金)から3月2日(月)まで大磯町のギャラリーさざれ石で「着ごこちのよい生活」展を開く。ワンピースとブラウス、パンツほか約50点の洋服とポーチ、コサージュなどの小物を発表する。大磯では初めての個展。「どのような反応をしていただけるか緊張もしますが、とても楽しみです」と話す。

 ○…出身地の小田原市内でアトリエ「Gamin&Gamine」を構える。フランス語でいたずらっ子な男の子と女の子を表す名前には、年齢を重ねても遊び心や可愛らしさを失わない人をイメージした服づくりのコンセプトを込めた。地元を拠点に年2回のオーダー会を開催。イベントや異なる分野のクリエーターが集まるグループ展に作品を出している。

 ○…パン教室に自作のエプロンを着用して参加したことがきっかけ。生成りのリネンに色違いの紐をつけたエプロンは、周りの生徒から「生地選びのセンスがいい」「私にも作って」と注目を集めた。「自己流」で制作を続けるうちに口コミで評判が広がり、35歳のときに会社勤めを辞めて服飾作家の道へ。布選びも大好き。普通のデニムに見える生地は間近で見ると大人っぽい模様が入っていて、さり気なくお洒落。「黒やグレーしか着ないという人にも明るい色を楽しんでほしい」

 ○…大学時代はラグビー部のマネージャー。「勉強よりも部の活動に明け暮れていました」と振り返る。部員の練習着のほころびを針と糸で繕い、感謝されたことの喜びが、今に繋がっている。窓から小田原城が大きく見えるアトリエには、温かく人を和ませる人柄にひかれて友人・知人が集う。「環境に恵まれました」とにっこり。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

内山 徹さん

大磯で約10年ぶりの個展を開く日本画家の

内山 徹さん

茅ヶ崎市在住 56歳

10月23日号

吉竹 祐子さん

くりひょうたん。の作家名で活動し、大磯で初の個展を開く

吉竹 祐子さん

茅ヶ崎市在住 47歳

10月16日号

和田 剛(たけし)さん

神奈川県自動車整備・商工組合足柄支部支部長を務める

和田 剛(たけし)さん

南足柄市在住 48歳

10月9日号

加藤 晴枝さん

元麻布ギャラリー平塚で日本画の個展を開く

加藤 晴枝さん

大磯町大磯在住 77歳

10月2日号

山本 新吾さん

元自衛官の経験を生かして大磯町の防災力向上に取り組む

山本 新吾さん

大磯町国府本郷在住 55歳

9月25日号

坂本 里沙子さん

ピアニストで、モスクワ音楽院の留学経験を記した本を出版した

坂本 里沙子さん

大磯中学校出身 26歳

9月18日号

住宅型有料老人ホーム

大磯町大磯に2019年1月オープン「アスカ大磯」ご入居見学随時開催中です

https://www.asuka-care.jp/facility/index/4

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

彫刻と陶芸の夫妻展

彫刻と陶芸の夫妻展

なかい里都(さと)まちCAFE

10月24日~10月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク