大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年5月1日号 エリアトップへ

大磯警察署長に就任した 日原 修さん 大磯町在住 58歳

掲載号:2020年5月1日号

  • LINE
  • hatena

ご縁の地の安全守る

 ○…隣の小田原警察署から3月下旬に異動し、初めての署長職に就いた。管内の大磯町と二宮町の印象は「交通事故や犯罪の発生件数は桁違いに少ない。住民が警察に協力的で、防犯意識も高い」。署員には「ワークライフバランスを取り、自己のブラッシュアップにも努めてほしい」と伝えた。私生活にも充実感と余裕を持って職務に励むことが、県民・町民の安全と安心を守ることにつながると説く。大磯で晩年を過ごした吉田茂元首相は母校の先輩にあたり、「不思議な縁」を感じている。

 ○…調布市出身。湘南の海への憧れが手伝って、神奈川県で警察官になりたいと望んだ。「サザンオールスターズの音楽が全盛期のころでした」と振り返る。川崎署の渡田交番から始まり、機動隊、機動捜査隊に配属。27歳のとき、刑事になった。捜査一課でも働き、暴力団対策などに携わった。鎌倉署と小田原署で副署長を歴任。小田原署にいた一昨年、県内を走行中の新幹線で起きた殺傷事件は、忘れられない出来事のひとつ。署に5日間泊まり込み、報道対応に当たった。

 ○…警察官にとって必要なのは正義感とやる気、センス。「先輩から教わり、大層なことは言えないけれど」と控えめに語る。自転車盗は、警察官には頻繁に取り扱う一事件でも、盗まれた人にとっては大きな悲痛。被害者の気持ちに寄り添う姿勢を常に忘れてはならないという。

 ○…自身のブラッシュアップは書道。毛筆で点一つを打つにも「奥が深い」と探究心は尽きない。単身赴任の官舎での自炊も慣れたもの。手早くおいしい料理を作る技量を新米刑事時代に培った。コロナ禍で訪問巡回をしづらい状況だが、防犯に「決して手を抜かない」ときっぱり。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

栗山 雄揮さん

平塚市博物館の館長に就任した

栗山 雄揮さん

二宮町在住 59歳

5月15日号

日原 修さん

大磯警察署長に就任した

日原 修さん

大磯町在住 58歳

5月1日号

齊藤 廣昭さん

「大磯小桜」を育成し、さくら功労者に選ばれた

齊藤 廣昭さん

大磯町国府新宿在住 84歳

4月24日号

きばやしさん

3月31日にCDデビューと記念ライブを開く

きばやしさん

大磯町出身 19歳

3月27日号

塚本 昭子さん

大磯のギャラリーでとんぼ玉の作品展を開いた

塚本 昭子さん

横浜市在住

3月20日号

宮前 礼子さん

「伝筆(つてふで)」の楽しさを発信・普及している

宮前 礼子さん

平塚市在住 

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第44回「吉田茂【11】」文・武井久江

    5月15日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク