大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

大磯町のギャラリーさざれ石で絵画展を開く 永井 等さん 湯河原町在住 52歳

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena

創作エネルギー注ぎ続ける

 ○…大磯町のギャラリーさざれ石で9月4日から14日まで個展を開く。日本画のような絵は、アクリル絵の具に岩絵の具を混ぜたり、海砂をまぶしたりして描いたもの。絵肌に独特の質感を表し、自然から得た感動を主題に創作する。拾った貝殻や木の実、虫の繭などをいとおしみ、それらの収集品からも発想を広げる。「子ども時代の自然体験がベースにある。海や森で感じた空気や匂い、自然に触れたときの感覚を、観た人にも受け取ってもらえたら嬉しい」と柔和に語る。

 ○…茨城県ひたちなか市出身。絵を描くことが好きな子どもで、山や川で虫や魚をとって遊んだ。友人の勧めで大学の美術学科に進み、彫刻家になった先輩との出会いを機に「意識が変わった」。子どもの絵画教室の手伝いもしながら、自分の意志で夢を持って作家活動をしたいと決意。在学中にコンクールなどで作品を発表し始めた。「創作は試行錯誤の連続。今年で30年になりました」としみじみ。

 ○…自宅や店舗などを会場にプロ・アマチュアが作品を展示して交流するアートイベント「湯河原・真鶴アート散歩」の実行委員としても活躍。「思いがけない出会いやご縁に恵まれた」と感謝を口にする。作品を観に来る若い芸術家たちには「誰にも真似できない表現を目指せ」とエールを送る。「歳を重ねてマンネリ化はしたくない。作品を完成させるのに相当なエネルギーが必要だが、生きる証として新しい作品を創り出していきたい」と意欲に燃える。

 ○…平塚市美術館で知り合った妻のナガイエツコさんはフェルト作家。結婚後、大磯町に住み、2004年から湯河原町で自宅兼アトリエを構える。「みかん畑が見えてとても静かな環境」とお気に入りの様子。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

山本 新吾さん

元自衛官の経験を生かして大磯町の防災力向上に取り組む

山本 新吾さん

大磯町国府本郷在住 55歳

9月25日号

坂本 里沙子さん

ピアニストで、モスクワ音楽院の留学経験を記した本を出版した

坂本 里沙子さん

大磯中学校出身 26歳

9月18日号

小野岡 圭太さん

大磯で製造・販売する大豆発酵食品で貧困国支援に取り組む

小野岡 圭太さん

Shonan Soy Studio代表 30歳

9月11日号

永井 等さん

大磯町のギャラリーさざれ石で絵画展を開く

永井 等さん

湯河原町在住 52歳

9月4日号

春田 奈緒美さん

大磯町国際交流協会の会長に就任した

春田 奈緒美さん

大磯町大磯在住

8月28日号

久保田 英男さん

国際ロータリー第2780地区ガバナーに就任した

久保田 英男さん

鎌倉市在住 59歳

8月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯暮らしの魅力語る

大磯暮らしの魅力語る

27日にオンライン討論会

9月27日~9月27日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    大磯歴史語り

    〈財閥編〉第2回「岩崎弥之助(弥太郎)」 文・武井久江

    9月25日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク