大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

元自衛官の経験を生かして大磯町の防災力向上に取り組む 山本 新吾さん 大磯町国府本郷在住 55歳

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

災害派遣の経験を地域防災に

 ○…地震や台風などの自然災害が頻発し、被害規模も大きくなっている近年の日本列島。自衛官として派遣された各地の災害現場で培った防災知識と経験を見込まれ、9月から大磯町危機管理課に在籍。「災害のない町はない。日頃からの備えが大切」を信条に、地域防災力と災害対策本部機能の向上に尽力する。

 ○…熊本県出身。大磯と同じ海も山もある環境で、のびのびと育った。中学校から始めた柔道は、後に自衛隊の全国大会で優勝するほどの腕前に。大学は理工学部を志望して熊本大学と防衛大学に合格したが、元警察予備隊(陸上自衛隊の前身)の父の勧めもあり防大を選んだ。「実はこの頃、まだ自衛官になるか決めかねていた」と打ち明けるが、様々な経歴をもつ人が集い、過酷な現場での活動や厳しい訓練を通じて心を通わせる自衛隊の生活に水が合い、今年の定年まで勤めた。

 ○…2004年に広島県の生口島で起きた大規模な山林火災では、派遣要請を受けて発生初日から現場に入り、地元消防と連携して1週間にわたり消火活動にあたった。16年の熊本地震の際は座間駐屯地の指揮所から、現地の要望に合わせて人員やヘリなどを送り出す調整役を務めるなど、様々な災害現場に携わってきた。定年に際し、防災の知識を生かせる再就職先を探していた所で大磯に出会った。現在は家族で移り住み、町民の一人としても災害に強いまちづくりに貢献したいと誓う。「一朝一夕には難しいが、地域防災計画の見直しや訓練などを通じて少しずつでも改善していければ、災害時に助けられる人を増やせる」

 ○…大磯を知ろうと最近まで運動を兼ねて町内を走っていた。「海岸で磯釣りもしたいけれど、一番再開したいのはやっぱり柔道」とにっこり。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石野 好胤(よしたね)さん

湘南蘭友会会長、西湘蘭展実行委員会の事務局を務める

石野 好胤(よしたね)さん

小田原市在住 76歳

1月22日号

小澤 敦史さん

大磯・二宮・平塚の若手経済人が集まる平塚青年会議所63代理事長の

小澤 敦史さん

平塚市在住 38歳

1月8日号

瀬戸 淳一さん

中井町など県西2市8町を管内とする小田原小売酒販組合・酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市在住 67歳

12月18日号

野谷 富雄さん

原木しいたけの栽培を60年以上続けている

野谷 富雄さん

二宮町山西在住 90歳

12月11日号

木村 代紀さん

大磯の湘南ギャラリーえんで個展を開催する

木村 代紀さん

二宮町在住 77歳

12月4日号

廣木 義浩さん

神奈川県美容業生活衛生同業組合平塚支部の支部長を務める

廣木 義浩さん

HAIRGEMS(大磯)店長 52歳

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク