大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年4月23日号 エリアトップへ

大磯で日本画の個展を開く 森 禮子(あやこ)さん 大磯町西小磯在住 67歳

掲載号:2021年4月23日号

  • LINE
  • hatena

画歴振り返り 新たな挑戦へ

 ○…生まれ育った大磯で個展を開く。出会った時に心を動かされ、語りかけて来るものを追究しようと絵筆を取る。「描いている時は無心。その行為自体は小さいがどんどんと世界が広がり、自分が宇宙の中でちっぽけな存在であることを実感する。心が浄化されて、世の中のどんなものでも『いいじゃないか』と許せるようになる。私にとって必要な時間」。数年前のある事をきっかけに、この境地に達した。

 ○…幼い頃から絵を描くことが好きで、親戚の画家の弟子に基本を学び、作品を見てもらえる環境にも恵まれた。美大進学を志すも反対され断念したが「今は両親の親心に感謝」。塾講師を経て24歳で結婚し、鎌倉へ移り住んだことを機に待望の絵を習い始めた。油彩を中心に幅広く学び、母の看病のため37歳で大磯へ戻ってからも、自身の絵を模索し続けた。50歳から日本画を学び、横浜美術協会展で入選。個展や企画展で作品を発表するようになり、自宅で絵画教室も開いた。「教室を卒業してからも連絡をくれたり、描いた絵を贈ってくれる子もいる」と嬉しそうに微笑む。

 ○…3年前、10万人に1人と言われる巨細胞性動脈炎を患った。治療法が未確立の難病、失明の可能性もあると医者に告げられショックを受けた。体の痛みや疲れで創作ペースも落ち、絵を続けるか悩んだが「自分が納得できる作品を一枚でも多く描こう、それでいい」と思い至った。「今回の個展を区切りに、これまでと違う新しい絵にも挑戦していきたい」

 ○…動物好きで、特に馬が一番。馬の雑誌を読んでいたら「競馬がお好きなんですか」と勘違いされたことも。愛犬・愛猫と暮らし、毎朝の散歩で季節の移り変わりを楽しむ。孫が2人。健康のため太極拳に興味津々。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

府川 龍三さん

シェアキッチンを通じて、地域コミュニティの醸成に取り組む

府川 龍三さん

大磯町在住 41歳

10月15日号

藤井 兼弘さん

大磯で5年ぶりに油彩画の個展を開く

藤井 兼弘さん

大磯町国府本郷在住 84歳

10月8日号

仲手川 茂さん

国土交通大臣表彰を受賞した「湘南の森」の会長を務める

仲手川 茂さん

大磯町高麗在住 73歳

10月1日号

三枝(みえだ) 公一さん

一般社団法人いつでもどうぞ代表理事で「よろず無料相談」を行っている

三枝(みえだ) 公一さん

二宮町山西在住 54歳

9月17日号

宮下 啓一さん

湘南二宮竹の会の会長を務める

宮下 啓一さん

二宮町緑が丘在住 73歳

9月3日号

関野 茂司さん

社会福祉法人二宮町社会福祉協議会の会長に就任した

関野 茂司さん

二宮町富士見が丘在住 66歳

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook