大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

大磯で木版画の作品展を開いている 北村 麻衣子さん 大磯町東小磯在住 40歳

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena

大磯の自然から着想

 ○…ユーモラスな動植物が織りなす不思議な世界を、色鮮やかな木版画で表現。大磯町のカフェmagnetで、11月28日(日)まで作品展を開いている。新型コロナのまん延以降、近所の山や海岸に出かけるようになり、そこでインスピレーションを得ることが増えた。当初は子どもと過ごす息抜きの時間だったが、今は1人でも出かけて、小さな虫を探したり、海岸の漂着物を拾うことにすっかりはまっている。「着想を作品に生かし、今のテーマでもっと大きくカラフルな作品に挑戦したい」と意気込む。

 ○…千葉県船橋市出身。小学生の時に描いた絵が、市のコンクールで入選したことをきっかけに美術が好きになった。大学で美術を専攻し木版画に目覚めたが、専門の教員がいなかったため、電車で3時間をかけて師事した木版画家の元へ通った。在学中から個展を開き、公募展にも毎年作品を出し続けている。日本版画家協会会員。

 ○…2児の母。結婚後、夫の転勤で沖縄へ移住し、初めての出産と子育てに奮闘しながら作品づくりと発表を続けた。3年後に関東へ戻り、駅前の雰囲気が「一目で気に入った」大磯に居を構えた。創作は早朝や家族が出かけている日中に行い、土日は基本お休み。家族との時間を大切にしている。作家活動の傍ら子どもアート教室の講師も務め「自分の作品だけならしないようなことをしたり、調べたり。子どもの感性に刺激を受けて、頭も柔らかくなる」と優しくほほ笑む。

 ○…中学・高校は吹奏楽部、大学ではビッグバンドに所属するなど音楽好き。「余裕ができたら地域の吹奏楽団に」と夢を描く。家庭菜園で野菜作りも楽しむ。「畑を借りてサツマイモを育てて、教室の子どもたちと掘り取りをしたい」

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

尾上 孝さん

井ノ口東農道に桜を咲かせる会の会長を務める

尾上 孝さん

中井町井ノ口在住 75歳

1月21日号

花田 慎介さん

平塚・大磯・二宮の若手経済人が集まる平塚青年会議所64代理事長の

花田 慎介さん

平塚市在住 39歳

1月14日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市在住 50歳

1月7日号

能勢 純奈さん

「1年遅れの成人式inにのみや」の開催準備にあたっている

能勢 純奈さん

二宮町百合が丘在住 21歳

12月24日号

スタジオナナホシさん

大磯で毎年個展を開催している木彫りクラフトアート・アクリル画家の

スタジオナナホシさん

藤沢市在住 47歳

12月17日号

奈良 淑子さん

設立20年を迎えた葛川をきれいにする会の一員として活動を続ける

奈良 淑子さん

二宮町百合が丘在住 81歳

12月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook