大磯・二宮・中井版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

ドキュメンタリー映画「大地の再生の詩」上映会の実行委員長を務める 森山 智美さん 二宮町中里在住 36歳

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena

二宮の土に触れ、人に触れ

 ○…日本のどこかで毎年のように頻発する豪雨災害は、今や窒息しかけた大地と関わりがあるという。造園家・環境再生医の矢野智徳さんの活動を記録したドキュメンタリー映画「大地の再生の詩」を、二宮町のラディアンホールで6月25日(土)に上映する。5月に実施された環境啓発イベント「エコフェスタにのみや」の関連企画。

 ○…矢野さんが全国で実践してきた、水と空気を土に通して循環を促す大地再生の視点に共鳴した。昨年秋、映画の完成と公開を支援するクラウドファンディングに参加。町内で山林整備や棚田の再生、自然農法などに取り組むNPO法人農ある暮らしを広める会の仲間にも賛同を呼びかけ、リターンとして自主上映会の開催権を同会で得た。「豊かな自然に恵まれた二宮町の吾妻山にも黄色信号が灯っている。大勢の方にぜひ映画をご覧になっていただきたい」と話す。

 ○…東京生まれ。アパレル業界で働き、第一子誕生後は育児と家事に専念していた。「都会暮らしに疲弊して子育てのときを過ごすのはもったいない」と、4年前にふるさと回帰支援センターの移住セミナーを訪ねた。ウェブサイト「結婚したら二宮に住もう!」の運営者や不動産会社など移住サポーターとの出会いをきっかけに、セミナーを受講した3カ月後に二宮へ移り住んだ。「お金の尺度では測れない豊かさや人のつながり、残していきたい風土がある」 

 ○…地元名産品・落花生の栽培を復活させるプロジェクトや原木しいたけの栽培などにも携わる。活動を統合し、将来に生かしたいと、新規就農を目指して研修中。「子育て世代の親が仕事帰りに立ち寄りやすいオーガニック野菜と惣菜の店、子ども食堂も開きたい」と抱負を語る。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

工藤 麻紀子さん

平塚市美術館で企画展「花が咲いて存在に気が付くみたいな」を開催している

工藤 麻紀子さん

横浜市在住 44歳

8月12日号

咲間 美聡さん

全国で495人しかいない「絵本専門士」として活動する

咲間 美聡さん

中井町境別所在住 41歳

8月5日号

清原 由里子さん

「二宮みんなの家」を設立し、交流イベントを企画する

清原 由里子さん

二宮町中里在住 54歳

7月29日号

小嶋 辰雄さん

「中井蓮池の里」を開設し、25年間運営した

小嶋 辰雄さん

中井町松本在住 81歳

7月22日号

田中 政也さん

大磯海水浴場で監視リーダーを務める

田中 政也さん

大磯ライフセービングクラブ所属 21歳

7月15日号

小泉 正彦さん

美術団体「横の会」を結成し、平塚市美術館で展覧会を主宰した

小泉 正彦さん

大磯町高麗在住 66歳

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook