小田原版 掲載号:2012年12月15日号

羊毛フェルトの個展を開催する

佐藤 なつ子さん

市内城山在住 33歳

作家にママに、弾ける笑顔

 ○…専用の針を何千回も刺し、羊毛を絡ませる。「チクチク」と音が聞こえてきそうな静かな時間。出来上がった人形たちは、ふんわりと柔らかい印象で、思わず手に取りたくなる。フェルト作品の第一号は、長男のために作ったリスの人形。制作5年目を記念して、初の個展を開催する。「作家として活動の幅を広げていきたい」と意気込みを語る。

 ○…モデルに憧れ18歳で鳥取から上京。21歳でスカウトされ、40本以上のCMで活躍した。「元気キャラ」と称する通り、健康的な容姿と弾ける笑顔が最大の魅力。あまりに美味しそうに食べるその表情から、出演作品の半分は飲食のCMだったのだとか。震災をきっかけに都内のモデル事務所を辞めることを決断。「何かあったときに、すぐに子どもを迎えにいける距離にいたい」という思いからだった。手に入れた夢だったが、後悔はない。むしろ、小田原での暮らしを心底満喫しているようだ。

 ○…穏やかな雰囲気が気に入り、「子育てするなら絶対に小田原がいい」と決めていた。慣れない土地でも何のその。楽しいことを見つける才能は人一倍で、気になるお店にはすかさず入ってみる。個展会場の「ニコカフェ」も、アンテナが反応したお店の一つだ。通ううちに様々な作家と出会い、イベントにも出展。ワークショップで講師を務めるようになった。「自分のことが大好き」と語る天真爛漫な明るさは、人を引き寄せるパワーでもある。

 ○…アトリエは自宅。細かく地道な作業が続くが、「表情が出てくると可愛くなります。上達を、主人にも褒めてもらえます」と頬を上げる。そんな、「24時間一緒にいても飽きない」最愛のご主人は、格闘家の佐藤ルミナさん。ママとして、作家として、一人の人間として、全てを支えてくれている。絵本から飛び出してきたかのような、色とりどりの優しい風合いの作品は、愛情に満ちた内面を表現しているかのようだ。
 

関連記事powered by weblio


小田原版の人物風土記最新6件

加藤 公明さん

新しく小田原市商店街連合会の会長に就任した

加藤 公明さん

6月25日号

剱持 京助さん

法テラス小田原の支部長に就任した

剱持 京助さん

6月18日号

大山 哲生(のりお)さん

5月27日付けで、第36代小田原林青会会長に就任した

大山 哲生(のりお)さん

6月11日号

武内 厚さん

地元・小田原で初の個展を開催中のイラストレーター

武内 厚さん

6月4日号

高橋 和子さん

図書館ボランティア「かもめ図書館フレンズ」で児童コーナーグループのリーダーを務める

高橋 和子さん

5月28日号

山田 紗也香さん

女子ビーチバレーボールU-19日本代表に選出された

山田 紗也香さん

5月21日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク