小田原版 掲載号:2013年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

思い伝える心加減 64歳 椙崎(すぎざき)ゆり子さん

 「鬼ゆり」―。穏やかで柔らかな顔付きとは裏腹に、愛情と畏敬の念を込めてそう呼ばれる。1918(大正7)年創業の干物屋「大半商店」で現場一筋46年。副社長の肩書も「名前だけの役職なのよ」と笑う。今も現場で魚を開き、社員らを指導する。

 干物は手開きにこだわる。「少し気を抜いただけで味が変わってしまう。『塩加減、干し加減、心加減』が揃って美味しい干物ができるのよ」と一枚一枚に愛情を込める。その思い、こだわり故に、指導も厳しくなる。仕事の話になると目つきもキリリと変わり、作業のやり直しをさせることもざらにあるという。ただ「大半」を巣立つ社員は必ずといっていいほど「鬼ゆり」に泣いて抱き着き、別れを惜しむ。

 創業者の父は体が弱く、中心になり立ち働いていたのは母だった。母を「助けたい」との思いで、物心がついた頃から家業を手伝った。「特別な場所」と振り返る工場前の海で、楽しい時には歌を歌い、辛い時には波の音に負けないよう叫んだこともあった。

 いつしか「大半の商品を支えているのは『鬼ゆり』」と言わしめるほどに。彼女の影響か多くの女性が活躍しているのが「大半」の特長。「鬼ゆり」の娘もまた然りで、系列店の現場で活躍している。「こつこつと続けることが大事なの」と、食べてくれる人の笑顔を思い浮かべ、今日も現場で檄を飛ばし、魚を捌く。
 

星槎国際小田原 4月1日開校

多様な選択肢を持つ、生徒が主役の高校 入学、転編入の個別相談も4月2日~

http://www.seisa.ed.jp/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手木工職人の作品展

若手木工職人の作品展

根付コンペも実施

3月25日~4月8日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク