新斎場 概要明らかに 2019年4月に供用開始予定

社会

掲載号:2017年2月25日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市は市内久野における新斎場の整備について、2月15日にマロニエで、19日に市役所で市民説明会を開いた。新斎場の配置計画図や、現斎場からの移行期間中に利用する仮設施設の説明などを行った。

 市の説明によると、新斎場は現在の敷地内(久野3664の8)に鉄筋造・地上2階建てで建設予定。火葬炉は現行の6基から2040年前後の稼働ピーク時を想定した9基へと増設。建物内にはエントランスホール、プライバシーに配慮した個別のお別れ室、待合室やロビー、事務室、火葬炉室などがある。駐車可能台数は74台。供用開始は2019年4月を見込み、すでに工事に着手。19年3月までに新斎場を完成させ、並行して同年1月から12月に現火葬棟の解体と外構整備を予定している。

 現斎場は1972年に供用を開始し、老朽化のため98年度に建て替えが検討されはじめ、2012年から小田原市斎場として進行。施設整備や運営などを民間に委ねるPFI方式を採用している。これまで久野地区自治会連合会に工期の説明などをしてきたが、全市向けの説明会は初めて。

エスカレーター無し使用料は「決まっていない」

 説明会参加者は2日間で延べ22人。お別れ室、火葬炉室、待合室が同一建物内にある新斎場では、会葬者が1階から2階の待合室に移動する場合に幅1・2mの階段か11人乗りのエレベーター最大3基を利用するが、質疑応答で「なぜエスカレーターをつけないのか」との質問があった。これに対し市は「事業費、スペースから判断した。県内の斎場でも、エスカレーターがあるのは3カ所ほど。計算上はエレベーターで会葬者の人数に対応できるが現在、15人乗りへの変更を検討している」と回答。

 また、使用料に関して、現斎場では市民が利用する場合は無料だが「有料になるのか」という質問には、「有料か無料かは現段階では決まっていない。設置条例を定める際に加える」と答えた。条例は18年度中の議会に、すでにある条例を改訂する案を提出する方針。工事の最新情報はホームページで公表するという。

 今後の説明会については「必要があれば開催する」としている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

民間提案制度 対象を拡大

小田原市

民間提案制度 対象を拡大 経済

柔軟な発想 まちづくりへ

9月25日号

感謝と敬意 音色に込めて

バイオリニスト式町水晶さん

感謝と敬意 音色に込めて 文化

パラ閉会式で演奏

9月25日号

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook