インターハイの軌跡(前) 新たな歴史、団体5位入賞 相洋高女子ソフトテニス

スポーツ

掲載号:2017年8月19日号

  • LINE
  • hatena
試合前に集まる相洋チーム=7/29・会津総合運動公園テニスコート
試合前に集まる相洋チーム=7/29・会津総合運動公園テニスコート

 南東北で開催された全国高校総体(インターハイ)。高校日本一をかけた戦いに、小田原からも多くの選手たちが挑んだ。福島県会津若松市で7月22〜29日に行われたソフトテニス競技では、相洋高が女子団体戦で過去最高成績となる5位入賞を果たした。

 「記録を塗り替えたい」。大会前、相洋高女子ソフトテニス部の主将・矢野礼実さん(3年)が見据えた目標が、現実のものとなった。

 29日の女子団体戦には、各都道府県を勝ち抜いた47校と開催地枠1校を加えた48チームが出場。2年ぶり7回目出場の相洋は、力のある3年生を中心に、過去最高成績のベスト16超えを狙って福島に乗り込んだ。

 それぞれ3ペアが対戦し、2勝したチームが勝ち進む団体戦。1回戦の秋田北戦は、県大会のダブルスを制した神崎ひより(3年)・平本茜里(2年)ペアと、エースの高宮莉那(3年)・矢野ペアが勝利し、2回戦へ駒を進める。指宿商(鹿児島)との試合では、1勝1敗で3試合目までもつれるも、1年生の川嶋菜結・伊東未来ペアが踏ん張り、過去最高に並ぶ16強入り。高岡西(富山)との3回戦は、神崎・平本ペア、高宮・矢野ペアがともに勝ち、相洋史上初となるベスト8を決めた。同時に、待ちに待った女王への挑戦権も手に入れた。

女王追い込む

 準々決勝の相手は、昨年のインターハイ覇者で、今年も優勝候補筆頭に挙げられた文大杉並(東京)。応援席には、家族やベンチ入りできなかった部員に加え、前日までのダブルスに出場していた小田原高や日大藤沢、川崎橘の選手たちの姿もあった。その中の一人、高宮さんの母・美保さんがコートで準備する娘にこう伝えた。「文大とやるだけでなく、文大に勝って終わりにしよう」と。

 大一番は2コートに分かれてスタート。高宮・矢野ペアは、プレー範囲が広い前衛の矢野さんが立ちふさがり、相手の甘くなった球をスマッシュ。高宮さんも高速のストレートを決めるなどして4-2で先勝した。一方の神崎・平本ペアは、前日のダブルスで2連覇を達成した相手エースに対し、2ゲームを連取。神崎さんが後ろで粘ってつなぎ、平本さんが前で仕留める。しかし、世代ナンバー1ペアがじわりじわりと追い上げ、3-3でファイナルゲームへ。「リードできたのに試合を締めきれなかった」と平本さんは悔やみ、最後は相手の猛攻に伏した。

 勝敗の行方は、3試合目の1年生に委ねられる。「思い切ってやってこい」と先輩たちから送り出され、気持ちが軽くなったという川嶋・伊東ペアは、第1ゲームを先取。その後、強豪の攻撃に必死に食らいついたものの、1-4で敗れ万事休す。「3年生を引退させないようにと思って臨んだ。悔しい」(川嶋さん)。それでも、先輩たちに用意してもらった舞台を記憶に刻み、「今年の結果を超えていきたい」と視線をあげた。

「いい仲間だった」

 そのまま勝ち進んだ文大杉並は、優勝。文大を最も苦しめたのは相洋だった。

 中学時代、高宮さんが「相洋に行こう」と声を掛け県内各地から集まったのが現3年生。ペアを組んだ矢野さん、主軸を担った神崎さん。出番こそまわってこなかったが、ベンチで出場選手を支えた吉澤琉菜さん、観客席から声援を送り続けた佐藤彩夏さんもそうだ。その輪に地元・千代中出身の飯田彩華さんが加わった。

 ベンチから試合を見つめた飯田さんは、「負けちゃったけど、3年生の思いきりプレーする姿が見られてよかった。自分も悔いはない」と話し、強豪に挑んだ神崎さんも「最後にみんなで全国に来れてよかった」と声を絞り出した。

 大舞台を終え、矢野主将は「新しい歴史をつくることができた」と目標達成に充実感が滲む。高宮さんからは笑顔がこぼれた。「みんなで一緒に成長できた。いい仲間だった」

ダブルスも奮闘

 318組が参加して28・29日に行われたダブルスでは、3年連続出場の高宮・矢野ペアが32強、神崎・平本ペアが64強に入った。

 小田原高の桒野(くわの)未来・山田歩実ペア(ともに3年)は、全国ベスト8を目標にするも初戦で敗退。桒野さんは「負ける時はいつも迷って振れなかったけど、今回は振り切れた。やりきれた部分はある」、山田さんは「実力を全部出せてないけど、2人で考えて強気に粘って1ポイントずつを楽しめた。ここで試合ができてよかった」と話した。
 

観客席からは大声援
観客席からは大声援
世代トップと接戦を演じた平本さん(左)・神崎さん
世代トップと接戦を演じた平本さん(左)・神崎さん
1年生ペアの伊東さん(手前)・川嶋さん
1年生ペアの伊東さん(手前)・川嶋さん
山田さん(左)と桒野さん
山田さん(左)と桒野さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook