蒲鉾に酒、山車小屋、舞台 職人が織り成す「宿場祭り」 あす1日 かまぼこ通り

社会

掲載号:2017年9月30日号

  • LINE
  • hatena
工事が進む山車の保管小屋(26日撮影)
工事が進む山車の保管小屋(26日撮影)

 かまぼこ通りを舞台に、あす10月1日(日)に開催される「第2回小田原宿場祭り」。市内外から多くの人が詰めかけるイベントを盛り上げようと、職人たちが準備に汗を流していた。

 かまぼこ店の店主や地域住民らがメンバーに名を連ねる小田原かまぼこ通り活性化協議会は、風情ある通りを後世に残そうと、景観整備に動き出している。その第1号が、「第23区魚がし」の山車小屋だ。

 地域材を活用し、こげ茶色の外観で落ち着きを持たせる。特筆すべきは、通りから山車を覗くことができるようにしたスケルトンの壁。施工する職人は、「通行人の目を楽しませてくれるよ」と目を輝かせ、宿場祭りでお披露目を迎える。

 当日に向け、ひと肌脱いだ職人がもう一人いる。本町在住で材木店を経営する小高誠仁さん(44)。外郎売の口上やハワイアンミュージックなどのパフォーマンスを行う舞台の製作を、主催者から依頼された。予算に合わせてスギ材を使うつもりだったが、「せっかくの機会。予算は度外視して”檜舞台”をつくりたい」と地元産のヒノキを使用。高さ1m、幅4m、奥行き3mの舞台が、イベントを引き立てる。

畳で大宴会

 当日は、伝統を継承する職人たちのかまぼこや日本酒が勢揃い。市内かまぼこ店の食べ比べと県内13蔵の日本酒が飲み放題になったチケットを販売。おでんや干物も売り出され、道路に敷き詰める100畳の畳の上でゆったりと飲食できる。主催の活性化協議会・田代守孝会長(42)は「イベントを楽しみ、風情ある通りを体感してほしい」と話す。

 午前10時から午後5時まで。2時には、1日の『日本酒の日』を祝い、全国各地のイベントと合わせて一斉乾杯を実施。少雨決行、荒天の場合は当日朝に開催可否を判断。問い合わせは田代会長【電話】090・1530・2964へ。

舞台をつくる小高さん
舞台をつくる小高さん

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

福祉団体に「善意」寄付

福祉団体に「善意」寄付 社会

県タクシー協会

11月16日号

企業も含めて地域

企業も含めて地域 社会

(株)古川と自治会が合同訓練

11月16日号

旧松本別邸でブックカフェ

旧松本別邸でブックカフェ 文化

雑貨・古本出店者を募集

11月16日号

スイーツをお得に満喫

空き店舗がアート空間に

空き店舗がアート空間に 文化

11月23日から

11月16日号

たなかきょおこ原画展

たなかきょおこ原画展 文化

シロヤマデザイン&スペースで

11月16日号

「新そばで季節感じて」

「新そばで季節感じて」 社会

小田原そば商組合が提供

11月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク