蒲鉾に酒、山車小屋、舞台 職人が織り成す「宿場祭り」 あす1日 かまぼこ通り

社会

掲載号:2017年9月30日号

  • LINE
  • hatena
工事が進む山車の保管小屋(26日撮影)
工事が進む山車の保管小屋(26日撮影)

 かまぼこ通りを舞台に、あす10月1日(日)に開催される「第2回小田原宿場祭り」。市内外から多くの人が詰めかけるイベントを盛り上げようと、職人たちが準備に汗を流していた。

 かまぼこ店の店主や地域住民らがメンバーに名を連ねる小田原かまぼこ通り活性化協議会は、風情ある通りを後世に残そうと、景観整備に動き出している。その第1号が、「第23区魚がし」の山車小屋だ。

 地域材を活用し、こげ茶色の外観で落ち着きを持たせる。特筆すべきは、通りから山車を覗くことができるようにしたスケルトンの壁。施工する職人は、「通行人の目を楽しませてくれるよ」と目を輝かせ、宿場祭りでお披露目を迎える。

 当日に向け、ひと肌脱いだ職人がもう一人いる。本町在住で材木店を経営する小高誠仁さん(44)。外郎売の口上やハワイアンミュージックなどのパフォーマンスを行う舞台の製作を、主催者から依頼された。予算に合わせてスギ材を使うつもりだったが、「せっかくの機会。予算は度外視して”檜舞台”をつくりたい」と地元産のヒノキを使用。高さ1m、幅4m、奥行き3mの舞台が、イベントを引き立てる。

畳で大宴会

 当日は、伝統を継承する職人たちのかまぼこや日本酒が勢揃い。市内かまぼこ店の食べ比べと県内13蔵の日本酒が飲み放題になったチケットを販売。おでんや干物も売り出され、道路に敷き詰める100畳の畳の上でゆったりと飲食できる。主催の活性化協議会・田代守孝会長(42)は「イベントを楽しみ、風情ある通りを体感してほしい」と話す。

 午前10時から午後5時まで。2時には、1日の『日本酒の日』を祝い、全国各地のイベントと合わせて一斉乾杯を実施。少雨決行、荒天の場合は当日朝に開催可否を判断。問い合わせは田代会長【電話】090・1530・2964へ。

舞台をつくる小高さん
舞台をつくる小高さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

EVで「新たな暮らし」推進

小田原市

EVで「新たな暮らし」推進 社会

日産各社と協定締結

8月15日号

鈴廣が開設ウェブで博物館

鈴廣が開設ウェブで博物館 社会

鈴木香里武さん監修

8月15日号

国道1号線をきれいに

国道1号線をきれいに 社会

「おだちん」とタイアップ

8月15日号

販売の楽しみ実感

販売の楽しみ実感 社会

ママのトライマルシェ

8月15日号

集え 「サムライ」 候補生

集え 「サムライ」 候補生 文化

殺陣ワークショップ

8月15日号

天下の険 「箱根山」に挑む

天下の険 「箱根山」に挑む スポーツ

ウォーキングチャレンジ

8月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク