全日本9人制バレー総合大会 狙うは全国ベスト8 印刷局、花王コスメが出場

スポーツ

掲載号:2018年11月3日号

  • LINE
  • hatena
印刷局小田原の選手(チーム提供)
印刷局小田原の選手(チーム提供)

 全日本9人制バレーボール総合男子・女子選手権大会が11月29日(木)〜12月2日(日)、丸善インテックアリーナ大阪(大阪市)ほかで開催され、印刷局小田原(男子)と花王コスメ小田原(女子)が県代表として出場する。

 全日本総合選手権は1927年から開催されている、実業団やクラブ、学生、トップリーグ所属チーム等が出場する国内最高峰の大会。今大会では男子56チーム、女子54チームが日本一を目指して熱戦を繰り広げる。

繋いでエースに託す

 男子の印刷局小田原は、9月の県予選会を3連勝で優勝。10年振りの全日本総合の出場を決めた。

 若返りが進むチームの中心は18歳〜30代前半。平均身長は約180cmと全国レベルでは高くないが、全員で繋いだボールをエースの菅原大樹さん(23)が決めるのが勝ちパターンだ。身長182cmながらブロックの上から打ち抜く跳躍力で、県の決勝ではひとりでチーム得点の半分を叩きだした。

 チームの精神的支柱がキャプテンの田中祐次さん(31)。練習でも試合中でも率先して声を出し、選手を鼓舞し続ける。「県の代表として一つでも多く勝ちたい」と力を込める。

 これまで全国での最高成績はベスト8。山田勝也監督(43)は、その当時の主力選手だった。「県大会はよく勝ってくれた。まだまだ全国で戦えるようなチームではないが、ベスト8を目指したい」。若さで勢いに乗り大舞台での躍進を狙う。

全員の力で1点

 「1本、1本!」「上がるよ」。床を叩くボールの音とともに大きな声が体育館に響く。

 女子代表・花王コスメ小田原の選手は、花王コスメプロダクツ小田原(市内寿町)の社員だ。練習は仕事後に週3日、場所は中学校の体育館や西湘地区体育センター、小田原アリーナなど。「あちこち、借りられた場所を使っています」と笑うのは西本芳彦監督(63)。「社会人になってもバレーボールをやりたい、という選手の気持ちに応えたい」と20年以上チームを率いている。

 全員年齢が近く、コート内外でもみんな仲が良い。そんなメンバーを束ねるキャプテンの山田美波さん(24)。「キャプテンとして締めなければいけない場面で、締めきれない」とみずからに厳しいが、粘り強い守備が信条のチームにおいて、バックセンターのポジションでプレーでも引っ張る。「全員でつないで全員で1点を取る」。予選を1位通過、そして狙うはベスト8。掲げる全員バレーで全国の強豪に挑む。

花王コスメ小田原の選手
花王コスメ小田原の選手

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

SDGsモデル事業に選定

小田原市

SDGsモデル事業に選定 社会

「地域自給圏」の創造、国が評価

7月13日号

最終処分場が完成

湯河原町真鶴町衛生組合

最終処分場が完成 社会

県内初のクローズ型

7月13日号

クレイ選手が初制覇

日本陸上選手権男子800m

クレイ選手が初制覇 スポーツ

高校生優勝は史上初

7月6日号

盛夏前に冷房稼働

小田原市小・中学校

盛夏前に冷房稼働 教育

全校の普通教室に設置

7月6日号

「100歳時代」の社会へ

星槎大学

「100歳時代」の社会へ 教育

県との協働事業、小田原でも

6月29日号

風疹クーポンを発送

1市3町

風疹クーポンを発送 社会

対象男性 約1万1千人へ

6月29日号

印刷局がクラブ全日本へ

印刷局がクラブ全日本へ スポーツ

男子ソフトボール

6月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク