井上義行氏「私の力不足」  参院選 比例で落選

政治

掲載号:2019年7月27日号

  • LINE
  • hatena
支援者を前に敗戦の弁を述べる井上氏=22日
支援者を前に敗戦の弁を述べる井上氏=22日

 参議院議員選挙の投開票が7月21日に行われた。比例代表で2回目の当選を目指した自民党元職の井上義行氏(56)は、8万7946票を獲得したが党内順位25番目となり、自民党が獲得した19議席に入らず落選した。

 21日夜、井上氏と支援者ら約70人は小田原市内に集まり、テレビやインターネットの開票情報を固唾をのんで見守った。開票が進むにつれて苦戦が伝わるなか、翌22日の午前6時30分頃、井上氏が支援者の前に立ち「私の力不足で結果が出なかった」と敗戦を認め、「支えていただきありがとうございました」と頭を下げた。小田原市では1万票余りを得票した井上氏。報道陣の取材に対し「全国での動員も多く、小田原市内を回っても感触は良かった」と振り返り悔しさをにじませた。今後については「白紙の状態」と答えた。

神奈川選挙区は現職4人が当選

 神奈川選挙区は改選4議席を14人が争い、自民党の島村大氏(58)が91万7058票でトップ。以下、立憲民主党の牧山弘惠氏(54)74万2658票、公明党の佐々木さやか氏(38)61万5417票、日本維新の会の松沢成文氏(61)57万5884票で当選、現職4人が議席を守った。次点は日本共産党の浅賀由香氏42万2603票。

 投票率は県全体が48・73%で前回を6・73ポイント下回った。小田原市は46・77%(前回比5・57ポイント減※選挙区)、箱根町は47・28%(同5・37ポイント減)、湯河原町は48・33%(同5・20ポイント減)、真鶴町は55・98%(同5・52ポイント減)だった。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

グラウンドに歓声響く

グラウンドに歓声響く スポーツ

2年ぶりのマルクカップ

4月17日号

14人が養成講座を受講

14人が養成講座を受講 文化

小田原ガイド協会

4月17日号

聖火リレートーチを展示

小田原市

聖火リレートーチを展示 スポーツ

市庁舎ロビー 4月26日・27日

4月17日号

大人の塗り絵で入選

大人の塗り絵で入選 文化

デイサービス ふらっと

4月17日号

Students show their appreciation to doctors by messages

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Students show their appreciation to doctors by messages 社会

4月17日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter