大人顔負けの集中力 梅の里将棋クラブにちびっこ棋士

文化

掲載号:2020年1月25日号

  • LINE
  • hatena
相対する山崎君(左)と石川君
相対する山崎君(左)と石川君

 大人に混ざって真剣な表情で将棋を打つちびっこ棋士。「さまざまな世代で将棋を楽しめたら」と、梅の里センター(曽我別所)で毎月1回開かれているサロンの一角で繰り広げられる光景だ。

 2017年から始まった梅の里将棋クラブ(木村武司代表)に常連として通うのは、石川朝日君(8)と山崎僚太君(10)。ともに対局相手を求めて外へ飛び出し、クラブに辿りついた。

 父親に教わりながら始めた山崎君は「一度獲った駒をまた使える、ほかのゲームにないところが面白い」と魅力を語る。NHKの将棋番組を欠かさず観るほど大の将棋好きという石川君は「お母さんには教えてもらった時から1回も負けてないよ」と得意げに笑う。

 今では大人の参加者に勝つことも増えてきたといい「皆と対局できるのが良い。もっといろいろな人と関われたら」(山崎君)、「強くなって昇段していきたい」(石川君)と意欲十分な様子。対戦成績の問いに「どっちかなぁ」と顔を見合わせる2人に、木村代表は「若い子はどんどん吸収して強くなる。これからが楽しみ」と柔らかな眼差しを向けていた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

EVで「新たな暮らし」推進

小田原市

EVで「新たな暮らし」推進 社会

日産各社と協定締結

8月15日号

鈴廣が開設ウェブで博物館

鈴廣が開設ウェブで博物館 社会

鈴木香里武さん監修

8月15日号

国道1号線をきれいに

国道1号線をきれいに 社会

「おだちん」とタイアップ

8月15日号

販売の楽しみ実感

販売の楽しみ実感 社会

ママのトライマルシェ

8月15日号

集え 「サムライ」 候補生

集え 「サムライ」 候補生 文化

殺陣ワークショップ

8月15日号

天下の険 「箱根山」に挑む

天下の険 「箱根山」に挑む スポーツ

ウォーキングチャレンジ

8月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク