小田原かまぼこ通り 漁師の万祝(まいわい)が復活 文化継承と観光活性化に期待

文化

掲載号:2020年1月25日号

  • LINE
  • hatena
製作された万祝の裾には鰤と大漁の文字、衣紋部分には縁起物の鶴と北条氏の家紋・ミツウロコが染め抜かれている
製作された万祝の裾には鰤と大漁の文字、衣紋部分には縁起物の鶴と北条氏の家紋・ミツウロコが染め抜かれている

 江戸時代から戦前にかけて、大漁を祝う漁師たちが参詣時に着た晴れ着「万祝(まいわい)」が復活した。小田原かまぼこ通り周辺地区歴史的資源保全活用事業実行委員会による事業で、1月19日、松原神社でお披露目式が行われた。

 万祝は網元が絵師・染物屋に依頼して作る、長半纏を染め上げたもの。漁師たちが1年を共に生き抜いてきたことへの感謝や翌年の無事を祈る思いが凝縮されている。柄は黒潮を表す藍色。鶴や漁の様子などが描かれているものが多い。

 これまでも魚がし山車小屋修景、松原神社御神庫修景に取り組んできた同委員会では、文化継承と観光の活性化を目的に、公益財団法人東日本鉄道文化財団地方文化事業の支援を受け、万祝の製作を進めてきた。現在、万祝の伝統技法を受け継いでいるのは千葉県鴨川市の2軒のみとなっており、今回は鴨川萬祝染元鈴染に依頼して4着を製作した。

 お披露目式には同委員会をはじめ、松原神社明神會のメンバーも集まり、万祝の復活を祝った。地域の人たちや観光客に見てもらえるよう、1着を松原神社の境内に常設展示。田代守孝委員長は「観光の回遊促進につなげるよう、数カ所に設置を進めていきたい」とあいさつした。加藤憲一小田原市長は「海の活力、それを支える神社の活力を表すシンボル。多くの人に見ていただけたら」と期待を寄せた。

木遣唄も披露されたお披露目式
木遣唄も披露されたお披露目式

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook