小田原かまぼこ通り 漁師の万祝(まいわい)が復活 文化継承と観光活性化に期待

文化

掲載号:2020年1月25日号

  • LINE
  • hatena
製作された万祝の裾には鰤と大漁の文字、衣紋部分には縁起物の鶴と北条氏の家紋・ミツウロコが染め抜かれている
製作された万祝の裾には鰤と大漁の文字、衣紋部分には縁起物の鶴と北条氏の家紋・ミツウロコが染め抜かれている

 江戸時代から戦前にかけて、大漁を祝う漁師たちが参詣時に着た晴れ着「万祝(まいわい)」が復活した。小田原かまぼこ通り周辺地区歴史的資源保全活用事業実行委員会による事業で、1月19日、松原神社でお披露目式が行われた。

 万祝は網元が絵師・染物屋に依頼して作る、長半纏を染め上げたもの。漁師たちが1年を共に生き抜いてきたことへの感謝や翌年の無事を祈る思いが凝縮されている。柄は黒潮を表す藍色。鶴や漁の様子などが描かれているものが多い。

 これまでも魚がし山車小屋修景、松原神社御神庫修景に取り組んできた同委員会では、文化継承と観光の活性化を目的に、公益財団法人東日本鉄道文化財団地方文化事業の支援を受け、万祝の製作を進めてきた。現在、万祝の伝統技法を受け継いでいるのは千葉県鴨川市の2軒のみとなっており、今回は鴨川萬祝染元鈴染に依頼して4着を製作した。

 お披露目式には同委員会をはじめ、松原神社明神會のメンバーも集まり、万祝の復活を祝った。地域の人たちや観光客に見てもらえるよう、1着を松原神社の境内に常設展示。田代守孝委員長は「観光の回遊促進につなげるよう、数カ所に設置を進めていきたい」とあいさつした。加藤憲一小田原市長は「海の活力、それを支える神社の活力を表すシンボル。多くの人に見ていただけたら」と期待を寄せた。

木遣唄も披露されたお披露目式
木遣唄も披露されたお披露目式

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

100年の節目に歴史再考

栢山神社

100年の節目に歴史再考 文化

氏子らが碑など整備

2月22日号

地域ポイントで活動促進へ

小田原市SDGs

地域ポイントで活動促進へ 経済

アプリ活用 単位は「おだちん」

2月22日号

混雑緩和へ今秋整備

国府津駅周辺

混雑緩和へ今秋整備 経済

車道延伸、駐車場増設など

2月15日号

若手一丸で箱根復興へ

若手一丸で箱根復興へ 社会

「はこねすきプロジェクト」始動

2月15日号

逆境はねのけ 大会制覇

酒匂中バスケ部

逆境はねのけ 大会制覇 スポーツ

新人戦優勝 県西地域で初

2月8日号

豊島邸 宿泊施設で活用

豊島邸 宿泊施設で活用 社会

小田急電鉄が事業者に

2月8日号

愛称は「湘南潮彩レモン」

愛称は「湘南潮彩レモン」 社会

県、JAがブランド化推進

2月1日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 風魔忍者現る

    世界が憧れるまち”小田原” 意見広告

    風魔忍者現る

    守屋てるひこ

    2月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

岡本暁子ピアノリサイタル

岡本暁子ピアノリサイタル

4月11日 タウンニュースホール

4月11日~4月11日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク