愛称は「湘南潮彩レモン」 県、JAがブランド化推進

社会

掲載号:2020年2月1日号

  • LINE
  • hatena
湘南潮彩レモンのロゴマーク(上)と、愛称を考案した谷口勇さん
湘南潮彩レモンのロゴマーク(上)と、愛称を考案した谷口勇さん

 県とJAかながわ西湘が、公募していた県西地域産のレモンの愛称(ブランド名)を「湘南潮彩(しおさい)レモン」に決定し、1月24日に発表した。ブランド化を進め、販売促進につなげたい考えだ。

 昨年8月から9月にかけて行われた公募には282件の応募があり、同JA農産物直売所の来店者への消費者調査や、県関係機関等による審査会を経て決定した。愛称に合わせて制作したロゴマークには、相模湾や潮風をイメージさせるサーファーやカモメ、雲をデザイン。店頭での販促やイベントなどで活用する予定だ。

 県西地域県政総合センター地域農政推進課では「消費者にPRし、広く浸透することで県西産レモンの販売促進につながれば」と期待を寄せる。

 同JAでは、地域の特産品としてレモン栽培を推奨しており、2018年から管内農業者がレモン苗木(ビアフランカ)を購入する際に助成を行っている。初年度は約1200本、今年度は約800本の助成を予定しているという。

商品化に意欲

 受賞の連絡を受けて「びっくりした」と笑顔を見せるのは、愛称を考案し最優秀賞に選ばれた谷口勇さん(42・小田原市酒匂)。「潮風をたくさん浴びて、甘さと酸味のバランスが良く、黄色の色合いもきれいに出ているイメージ」を名称に込めたという。

 土産物を扱う有限会社谷和(市内鬼柳)を営み、県西部を中心に栽培される柑橘「湘南ゴールド」を使った菓子などを商品化している。「地域の食材の良さを知ってもらうきっかけになれば。レモンの甘酸っぱさを活かしたケーキやゼリーなどを作りたい」と新商品への意欲を見せている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

混雑緩和へ今秋整備

国府津駅周辺

混雑緩和へ今秋整備 経済

車道延伸、駐車場増設など

2月15日号

若手一丸で箱根復興へ

若手一丸で箱根復興へ 社会

「はこねすきプロジェクト」始動

2月15日号

逆境はねのけ 大会制覇

酒匂中バスケ部

逆境はねのけ 大会制覇 スポーツ

新人戦優勝 県西地域で初

2月8日号

豊島邸 宿泊施設で活用

豊島邸 宿泊施設で活用 社会

小田急電鉄が事業者に

2月8日号

地域に愛され50回目

小田原梅まつり

地域に愛され50回目 文化

金賞の梅酒飲み比べも

2月1日号

「ふるさとの旋律」奏で60年

「ふるさとの旋律」奏で60年 文化

小田原囃子多古保存会

1月25日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 風魔忍者現る

    世界が憧れるまち”小田原” 意見広告

    風魔忍者現る

    守屋てるひこ

    2月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

岡本暁子ピアノリサイタル

岡本暁子ピアノリサイタル

4月11日 タウンニュースホール

4月11日~4月11日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク