箱根町GW観光客 例年の1割以下 ホテル、観光施設など休業

経済

掲載号:2020年5月16日号

  • LINE
  • hatena
閑散とした箱根湯本駅周辺(5月1日昼頃撮影)
閑散とした箱根湯本駅周辺(5月1日昼頃撮影)

 今年のゴールデンウィーク(GW)の箱根町内は、閑散としていた。箱根町観光協会(箱根DMO)によると、例年GW期間中は約80万人が訪れるが今年は1割以下という。みやげ物店などが連なる箱根湯本駅周辺には人影がまばらで、休業の知らせを告げる張り紙が張られた店が目立った。

 「今は神奈川に来ないで」。GW前、黒岩祐治神奈川県知事や山口昇士箱根町長は来訪を自粛する呼びかけを行い、新型コロナ感染拡大防止のための協力を広く求めた。町内の宿泊施設265軒のうち約80%が休業した。箱根関所や各美術館など観光施設、スポーツ施設も休業。箱根ロープウェイ、芦ノ湖の観光船は運転を休止し、特急ロマンスカーはGW期間中を運休にした。元箱根や大涌谷など、町内20カ所の駐車場は閉鎖もしくは一部閉鎖された。町内ホテルの担当者は「過去幾度と困難な状況はあったが、一番つらい時期だと思う。お客さまをきちんとおもてなしすることができるようになったときのために、周辺の整備など今だからこそできることに取り組んでいる」と前を向いた。

車通行量も激減

 小田原早川から湯河原峠などを結ぶ有料道路アネスト岩田ターンパイク箱根の通行車数も激減した。管理する箱根ターンパイク(株)によると、例年GW期間中は約4万台の利用が、今年は8〜9割減という。「当社でもホームページや掲示物で呼びかけを行った。自粛の取り組みがこのような結果につながったと思う」と話す。箱根DMOの佐藤守専務理事は「コロナ収束に向け、観光地としては断腸の思いで来訪を控える呼びかけを町長自らが行った。GW期間中の光景は、観光事業者も苦しい中取り組みを行った結果だと思う」と話した。

閉鎖された駐車場
閉鎖された駐車場

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

2,270人が新成人に

1市3町

2,270人が新成人に 社会

小田原、真鶴で前年比増

1月8日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

夢に向かい果敢に前進

夢に向かい果敢に前進 文化

式町水晶さん、佐藤心結さん

1月1日号

北条氏ゆかり虎朱印

北条氏ゆかり虎朱印 文化

民の穏やかな暮らし願い

1月1日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook