無事に「カエル(帰る)」よ 国府津駅 社員通路に不思議な置物

文化

掲載号:2020年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 JR国府津駅ホーム脇の社員通路に、不思議なカエルの置物がある=写真。高さ約30cmの緑色のカエルで、腕組みをしながら木陰であぐらをかいている。置物の前には大きなみかんのお供え物のほか、箱が一つ置かれており、その中には「平成元年」と刻印の入った5円玉など古い硬貨数枚が入れられている。

 置物があるのは、東日本旅客鉄道(株)の国府津運輸区の社員通路で、一般客が入れないエリア。ただ、同駅職員にも「置物の存在さえ全く知らなかった」という人が少なくないという。

 同社の加藤和彦副区長によると、初めて設置されたのは1993年ごろ。鉄道を安全に運行し、運転士らが「無事帰る」ことへの願いを込め、当時の首席助役が置いたという。

 ただ、加藤副区長は「現在の置物は2代目。初代のカエルは紛失しており、いつ、誰が2代目を置いたのかも、誰がみかんを供えたのかも不明」と話している。

 謎めいたカエルが安全を見守っている。

カエルと加藤副区長
カエルと加藤副区長

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook