報徳仕法(株) 観光と世代交流 拠点新設 小田原市南町で2月開業

経済

掲載号:2020年7月11日号

  • LINE
  • hatena
左から地域経済活性化支援機構の三俣健児ディレクター、草山宮司、山本支店長
左から地域経済活性化支援機構の三俣健児ディレクター、草山宮司、山本支店長

 小田原市南町に来年2月、「観光回遊・消費促進の拠点」と「3世代が交流する暮らしの拠点」を目的とする新施設が開業することが分かった。報徳二宮神社(草山明久宮司)が運営するまちづくり会社の報徳仕法株式会社が事業主体となる。

 新施設は倉庫を改装した平屋建て。小田原城と歴史的建造物が多く残る小田原市南町・本町を結ぶ、国道1号線「箱根口」交差点付近に位置する。観光拠点として、日中は観光客を想定した地場産品の販売や、レストラン、カフェなどを運営。夜は地域向けの食堂や教室を開くなどして、3世代が交流する地域コミュニティの場とする。2つの機能を融合することで、地域経済の循環と地域課題の解決を、持続可能な方法で実現させることを目指す。

国から重点支援

 この事業は横浜銀行と地域経済活性化支援機構の協力のもと準備を進めるなか、今年3月、新規性・モデル性の極めて高い重点支援事業として、総務省の地域経済循環創造事業交付金に採択された。総事業費は1億500万円で、国庫からの補助額は3500万円。

 横浜銀行小田原支店の山本博文支店長は「SDGsとの親和性が高く、ゆっくりと育てていく事業。全国的な先進事例になるのでは」と期待を寄せる。草山宮司は「報徳の教えである経済と道徳の両立により、利益を推譲して地域コミュニティづくりを進めていきたい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

個性武器に世界へ挑戦

下曽我在住青木友哉さん

個性武器に世界へ挑戦 文化

バレエ ローザンヌ出場へ

1月16日号

「今は我慢の時」

地域飲食店

「今は我慢の時」 経済

時短期間始まる

1月16日号

「ヒサと共に」

湘南ベルマーレフットサル

「ヒサと共に」 スポーツ

きょう久光選手追悼試合

1月9日号

ワクチン接種 体制整備へ

小田原市

ワクチン接種 体制整備へ 社会

新型コロナ対応で補正予算

1月9日号

市長・町長が語る未来

小田原・箱根・真鶴・湯河原

市長・町長が語る未来 政治

新春座談会「新しい時代、これからの地域」

1月1日号

「悔いなき走りを」声援胸に

「悔いなき走りを」声援胸に スポーツ

箱根駅伝、見守る人の思い

1月1日号

小田原歯科医師会 記念講演会

教育評論家の尾木直樹(尾木ママ)氏、作家の鎌田實氏による講演会を開催します。

http://odawarashika100.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

木彫作品30点を展示

NEW新九郎

木彫作品30点を展示

1月24日まで倉橋元治展

1月13日~1月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク