新幹線ビル解体始まる 3年後に新ビル完成予定

社会

掲載号:2020年7月18日号

  • LINE
  • hatena
建て替えられる新幹線ビル
建て替えられる新幹線ビル

 小田原駅西口の小田原駅前分譲共同ビル(通称・新幹線ビル)の解体工事が7月15日から開始された。

 同ビルは1975年にテナントと住宅が入る地上13階、地下1階の共同ビルとして完成。老朽化が進み、2015年の(株)緒方建築事務所(東京都世田谷区)の調査で「震度5弱で倒壊・崩壊の恐れ」があると診断されていた。

 万葉倶楽部(株)(本社/小田原市栄町)が再建に向けて13年1月に商業テナント部分の所有権を取得。18年11月に同社を含む同ビル管理組合により建替え決議が成立した。19年7月に同ビルマンション建替組合が設立され、再建計画が進められてきた。

 解体工事は21年9月までの14カ月間を予定。解体後には23年年末の竣工をめざし、新しいビルの建設工事が始まる。

 同社によると、新たに建設されるビルは地上17階、地下1階建て。高さは市が定める制限値の68・3mとなる。地下1階部分は駐車場、地上1〜3階は商業や医療のテナントが入る。4階から17階は190戸の分譲マンションとなり、最上階の住宅は一戸あたり100平方メートル以上。すでに、入居を希望する多くの問い合わせがあるという。

 建替組合の理事長で同社専務取締役の高橋眞己理事長は、「安全第一で進めてまいります。東口のミナカ小田原とともに、小田原の顔になるような、安全なビルを造っていきます」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

輝きに満ちた作品100点

輝きに満ちた作品100点 文化

アール・ド・ヴィーヴル展

10月24日号

満開の秋桜を「どうぞ」

満開の秋桜を「どうぞ」 文化

11月1日 一夜城で摘み取り

10月24日号

小田原と歌舞伎の歴史

小田原と歌舞伎の歴史 文化

UMECOで展示

10月24日号

音楽室机に抗菌マット

音楽室机に抗菌マット 社会

(株)スズキ 酒匂中へ寄贈

10月24日号

恐竜ワールドにご案内

恐竜ワールドにご案内 教育

J:COMがオンライン授業

10月24日号

地元ゲームを惜敗

地元ゲームを惜敗 スポーツ

Fリーグ湘南ベルマーレ

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク