本でつなげる「人だまり」 真鶴町に移動本屋が開店

コミュニティ文化

掲載号:2020年9月12日号

  • LINE
  • hatena
テントで本を販売する中村さん夫妻
テントで本を販売する中村さん夫妻

 必要とされる場所にどこにでも出向いていきたい--。都内から真鶴町に移住した夫婦が移動本屋を9月から始めた。本屋の名前は「道草書店」。運営するのは中村竹夫さん(45)、道子さん(32)夫妻だ。

 2歳の娘がいる中村さん夫妻は、「のびのびとした環境で子育てをしたい」と昨年秋に訪れた真鶴町の雰囲気にひとめぼれし、今年1月に移住。港町の生活風景を守る独自の「美の基準」の考えに深く共感したという。

 町での暮らしを楽しむ中で、真鶴町に書店がないことを知った夫妻。前住地の文京区千駄木は夏目漱石など文豪縁の地で、書店も多くあった。「本のある日常は、生活を豊かにする」と書店の開業を思いつき、環境にも優しい移動本屋の形態を選んだ。

 町内のパン屋の駐車場に小さなテントを張り、迎えた開店初日。町民に喜んでほしいと、大手の書店にはない選書にこだわり、絵本から文庫まで100冊ほどを並べた。すると待っていたかのように町内や隣町からも人が集まってきてくれたという。その様子はまさに、真鶴町の美の基準の一つでもある「小さな人だまり」そのもの。中村さん夫妻は「町の風景になれたようでうれしかった。本を通じて地域の人のつながりができる場作りをしていきたい」と語った。次回は、9月14日(月)、19日(土)午前10時から麦踏(小田原市江之浦)に出店予定。インスタグラムなどで情報を発信していく。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

輝きに満ちた作品100点

輝きに満ちた作品100点 文化

アール・ド・ヴィーヴル展

10月24日号

満開の秋桜を「どうぞ」

満開の秋桜を「どうぞ」 文化

11月1日 一夜城で摘み取り

10月24日号

小田原と歌舞伎の歴史

小田原と歌舞伎の歴史 文化

UMECOで展示

10月24日号

音楽室机に抗菌マット

音楽室机に抗菌マット 社会

(株)スズキ 酒匂中へ寄贈

10月24日号

恐竜ワールドにご案内

恐竜ワールドにご案内 教育

J:COMがオンライン授業

10月24日号

地元ゲームを惜敗

地元ゲームを惜敗 スポーツ

Fリーグ湘南ベルマーレ

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク