美術部力作の校名看板 城山中正門に設置

教育

掲載号:2020年10月17日号

  • LINE
  • hatena
美術部の生徒(上)と校名看板。「中」の文字は校章をイメージして描かれている
美術部の生徒(上)と校名看板。「中」の文字は校章をイメージして描かれている

 小田原市立城山中学校の正門に小田原城をモチーフにした新たな校名看板が設置され、10月12日に除幕式が行われた。

 校名看板は美術部の3年生5人を中心に、部員21人が制作。横150cm、縦70cmで、檜の無垢の一枚板を使っている。部員たちのアイデアにより、文字や石垣の部分には彫刻を施して立体感を演出した。

 制作は昨秋、以前の校名看板の老朽化により西村泰和前校長が美術部に依頼したことがきっかけ。部員たちは今年1月に小田原城を見学するなどしてデザインを考え始めたが、直後に新型コロナの影響で休校に。6月から活動を再開させ、夏休みを利用して制作に励んだ。

 除幕式で中島正視校長は「休校で活動ができない中、立派なものを作ってくれた。城山中学校の顔として設置できてうれしい。ありがとうございました」と生徒に謝辞を述べた。

 部長の栗城虎ノ介さん(3年生)は、「ご支援してくださった皆さまに、感謝でいっぱいです。小田原の歴史を深く考えて作ったので、20年、30年、大事にしていってほしい」と完成した校名看板を何度も振り返った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「カホン」作って叩こう

大村楽器店

「カホン」作って叩こう 文化

小田原の間伐材利用

10月17日号

新生児に10万円

湯河原町

新生児に10万円 社会

コロナ対策で独自支援策

10月17日号

寄付

寄付 社会

10月17日号

箱根の魅力を全国に

箱根の魅力を全国に 経済

温泉総選挙にエントリー

10月17日号

密避け呼びかけ

密避け呼びかけ 社会

赤い羽根共同募金

10月17日号

規模縮小し継続開催へ

箱根大名行列

規模縮小し継続開催へ 文化

今年は疫病退散を祈願

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク