あつまれ「ほん」の森 ミナカに開館「出会う図書館」

社会

掲載号:2020年10月31日号

  • LINE
  • hatena
森の木々をイメージしたユニークな小田原関連書籍コーナーを紹介する青柳さん(中央)と同館スタッフ
森の木々をイメージしたユニークな小田原関連書籍コーナーを紹介する青柳さん(中央)と同館スタッフ

 小田原駅東口で建設が進む「ミナカ小田原」のタワー棟6階に10月19日、「本の森」をコンセプトにした「小田原駅東口図書館」が先行開館した。タブレット端末などでの読書も普及しつつある中、同館の指定管理者となった(株)有隣堂の担当者は「図書館ならではの魅力を発信し、小田原の活性化につなげたい」と話している。

 総務省が9月末に公表した、情報通信メディアの利用に関する最新の調査報告書によると、電子書籍の読書を楽しめるiPadなどタブレット端末の全国での利用率は年々上昇している。「本を持ち歩かなくてよく、書棚も要らない」など利便性が高く、ICT(情報通信技術)を活用した読書文化が広まる中、同館は本・人・地域の出会いをつくる「出会う図書館」を基本方針として打ち出し、新たな情報拠点として運営をスタートした。

 同館の統括責任者を務める有隣堂の青柳明人さんは、2025年3月末までの5年間の指定管理期間中、「図書館ならではの楽しく、ワクワクするようなイベントを開催し、図書館を利用する面白さを伝えたい」と意欲を示す。開催時期は未定だが現在、市内商店街の店主の講演会をはじめ、小田原ゆかりの作家のゲストトーク、本を紹介し合うビブリオバトルなどを構想しているという。

 「本の森」というデザインコンセプトに基づき、樹木のオブジェを囲むように配置した閲覧席もあるほか、天井やカーペットは緑色を基調にした。本に付いた雑菌を紫外線や風で除去するための消毒機も用意した。

 また、地域の魅力発信につなげる工夫も随所に施している。小田原に居住していた詩人・北原白秋の作品「赤い鳥小鳥」を元にした同館マスコットキャラクターが本の森で「憩い」、館内で一際目を引く、森の木々をイメージしたユニークな書棚には、小田原関連書籍がずらり。青柳さんは「市立中央図書館(かもめ)に比べ、気軽に読めるカジュアルな書籍を多くそろえた。地域の中高生や、駅を利用する多くの観光客にも活用してもらえれば嬉しい。これから市や商店会、NPOと連携し、小田原の活性化に力を入れていきたい」と話している。

同館のマスコットキャラクター赤・白・青の小鳥
同館のマスコットキャラクター赤・白・青の小鳥

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メダカの里親募集

メダカの里親募集 文化

27日 締め切り

5月21日号

小学生が茶摘み体験

小学生が茶摘み体験 教育

湯河原町の3校140人

5月21日号

8年ぶり県制覇で関東へ

旭丘高相撲部

8年ぶり県制覇で関東へ スポーツ

個人戦は3階級で優勝

5月21日号

時計の下に集合

時計の下に集合 経済

松風LCが35周年で寄贈

5月21日号

みんなでドンドコ祭り

みんなでドンドコ祭り 社会

5月29日 ブレンドパークで

5月21日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook