1市3町 ナラ枯れ被害が拡大 県が情報提供を呼び掛け

社会

掲載号:2020年11月7日号

  • LINE
  • hatena
箱根湯本のナラ枯れ(上)と堆積したフラス=提供/箱根町
箱根湯本のナラ枯れ(上)と堆積したフラス=提供/箱根町

 コナラなどブナ科の樹木を枯らす伝染病「ナラ枯れ」が、箱根町をはじめ県西1市3町で広がっている。現在、神奈川県と各自治体では被害状況の把握と、倒木等で人的被害が発生する危険性のある箇所及び観光地の景観を損ねる箇所を中心に、伐倒などの処理を行っている。

 ナラ枯れは、体長約5mmほどの穿孔虫類(せんこうちゅうるい)、カシノナガキクイムシが媒介する「ナラ菌」の作用により、コナラやクヌギなどの樹木が集団枯死する被害。感染すると水分などを吸い上げる機能を失い、急速に葉の色が赤褐色に変色する。県内では2017年8月に、箱根町箱根湯本と三浦市で初めて被害が発生し、現在は県内全域に広がっている。

 1市3町でも被害は年々拡大し、小田原市では18年度に、湯河原町では19年度に、真鶴町でも今年度被害が発生。昨年度の被害本数は箱根町で295本、小田原市で127本、湯河原町で201本に上る。

 ナラ枯れは特に大径木に多く、7月から9月に突然葉が紅葉し枯れるのが特徴だ。さらに、幹に直径1・5mmから2mmの多くの孔があり、根元に木くずと虫の排泄物が混ざった大量の粉(フラス)が堆積している。ナラ枯れが進行すると枯死し倒木の恐れがあるため、箱根町では町が管理するハイキングコース周辺で感染した樹木の処理を行っている。樹木の管理は原則として森林所有者の責任で行うが、県では処理費用に対し補助金を支給している。

 神奈川県水源環境保全課によると、ナラ枯れは他の種類の植物に影響が出た事例がないため、「山全体が枯れることは考えにくく、感染しても翌年に復活する樹木もある」という。終息時期については「専門家によると5年程と言われている」としている。また、急速に被害が広がった原因としては、「樹木がマキに使われなくなり、定期的に伐採されずに大径木になったことで、虫が成育しやすくなったのではないかという説もあるが、まだ解明されていない」と話している。県ではナラ枯れの情報収集体制を強化するため、県民に情報提供を呼び掛けている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

全国に轟け「鶴宝(かくほう)」

全国に轟け「鶴宝(かくほう)」 経済

真鶴養殖岩ガキ 愛称決まる

1月23日号

公共施設 使用制限に差

公共施設 使用制限に差 社会

1市3町、緊急事態宣言下

1月23日号

個性武器に世界へ挑戦

下曽我在住青木友哉さん

個性武器に世界へ挑戦 文化

バレエ ローザンヌ出場へ

1月16日号

「今は我慢の時」

地域飲食店

「今は我慢の時」 経済

時短期間始まる

1月16日号

「ヒサと共に」

湘南ベルマーレフットサル

「ヒサと共に」 スポーツ

きょう久光選手追悼試合

1月9日号

ワクチン接種 体制整備へ

小田原市

ワクチン接種 体制整備へ 社会

新型コロナ対応で補正予算

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク