サッカーチームボアソルチ 「フェアプレー」で初勝利 特別支援級の生徒が所属

スポーツ

掲載号:2020年11月21日号

  • LINE
  • hatena
ボアソルチの大会メンバー(上)と試合の様子=チーム提供
ボアソルチの大会メンバー(上)と試合の様子=チーム提供

 特別支援級に在籍する中学、高校生によるサッカーチーム「BOA(ボア) SORTE(ソルチ)」が11月15日、初の公式戦として第37回神奈川県ゆうあいピック大会サッカー競技に出場し初勝利を挙げた。

 創設は昨年4月、チーム名はポルトガル語で「幸福」を意味する。小田原市立酒匂中学校で特別支援級の担任を務める柳下仁志さん(40)が、支援級の生徒たちにスポーツを楽しむ機会を持ってほしいと立ち上げた。対象は小田原・足柄下地区の中学校の特別支援級に在籍する生徒。卒業後も活動を継続でき、現在は中学1年生から高校生まで18人ほどが所属している。

 練習は同中学校のグラウンドで1カ月に2〜3回、主に土曜・日曜の午前中。「フェアプレー」を合言葉に、それぞれ運動能力や技術の差があっても、良いプレーをたたえミスをしても励ましの言葉を掛けあう。弟の汎(わたる)さん(酒匂中1年)と参加する大橋美咲さん(同2年)は「シュートが得意。みんなで一緒にやるのが一番」、ゴールキーパーの飯尾俊太さん(同3年)は「シュートを止めたときが楽しい」と笑顔をみせる。

 大会前日の練習ではパス交換やシュート、試合形式に加えスローインの方法なども確認した。初の公式戦となる試合会場は、県立西湘スポーツセンター(市内酒匂)。初戦は前半の4失点が響き0-4で敗れたが、2試合目は序盤から押し気味に進め後半にセンタリングから生まれたゴールを守り切り1-0でうれしい初勝利を飾った。

 柳下さんは「体力だけでなく、仲間を思いやる気持ちなども変化がみられる」と生徒たちの成長を温かく見守っている。ボアソルチへの参加希望は柳下さん【電話】090・9134・3439へ。

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市に酒蔵を新設

(株)RiceWine森山酒造

小田原市に酒蔵を新設 社会

「HINEMOS(ヒネモス)」を世界に

6月12日号

湯河原、今夏は開設

海水浴場

湯河原、今夏は開設 社会

小田原市、真鶴町は中止

6月12日号

「食」でカカオ生産者を支援

小田原市寿町柳下龍介さん

「食」でカカオ生産者を支援 文化

「生ガトーショコラ」開発販売

6月5日号

接種の予約「焦らずに」

小田原市コロナワクチン

接種の予約「焦らずに」 社会

電話・ネット 申し込み集中

6月5日号

「税制優遇」延長手続き 6割弱

小田原市生産緑地

「税制優遇」延長手続き 6割弱 社会

大半が来年に期間終了

5月29日号

ママに活動バトンタッチ

真鶴未来塾

ママに活動バトンタッチ コミュニティ社会

子育て世代の交流を支援

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter