小学生ソフトボール 小田原勢が県の頂点に 県西の少年少女が奮闘

スポーツ

掲載号:2020年11月28日号

  • LINE
  • hatena
優勝した西湘女子(上)と大窪タイフーン
優勝した西湘女子(上)と大窪タイフーン

 小田原で活動するソフトボールの小学女子選抜チーム「西湘女子」と、少年チーム「大窪タイフーン」がこのほど、ともに県大会で優勝した。栄冠を勝ち取った県西勢が喜びを語った。

◇  ◇  ◇

 10月24日に横浜市で開催された「第41回神奈川県少女ソフトボール連盟秋季大会」で優勝したのは西湘女子。小田原、南足柄両市の小学4〜6年生からなる選抜チームで、参加10組の頂点に立った。秋季大会での栄冠は9年振り。

 決勝で対戦した横須賀女子は冬季、春季の大会で優勝している強豪チーム。西湘女子は試合開始直後から猛打の洗礼を浴び、初回に4点を先制された。

 「負けるかも」。メンバーたちの胸に、大きな不安がよぎった。6年生にとっては、これが小学生最後の大会。「有終の美を飾りたい」。そう願いを込め、この日が12歳の誕生日だったというキャプテンの古里美陽さん(酒匂小6年)が2回にタイムリーヒットを放つと、チームが勢いに乗った。西湘女子はこの回、5点を返して逆転に成功した。

 4回にはさらに2点を追加し、7対4で優勝。コーチの古里公一郎さんは「地域に女子チームがなく、普段は男子に交じって練習している。大会前の約2週間しか女子で集まる合同練習ができない中で、よく頑張ってくれた」と語った。

大窪 総力戦で初優勝

 小田原市立大窪小学校を拠点に活動する大窪タイフーンは、小学2年生から6年生までの男女16人のチーム。今年9月に14 チームが参加した西湘大会で優勝し、秋季県大会に駒を進めた。

 県内から地区予選を制した36チームが参加し、11月1日、8日、14日に横須賀市で開催された秋季県大会。大窪は初戦から準々決勝までの3試合を順調に勝ち上がった。中辻慎太郎君(早川小6年)は、「2試合目からみんなのバッティングが上がった」と話す。

 迎えた準決勝の六浦睦スネークス(横浜市)戦では、1回にエラーから失点。最終回まで1対0が続いたが、キャッチャーの井出椋大君(同小6年)は、「相手に流れを持っていかれたときも、みんなで踏ん張れた」と振り返る。菅野孝一監督は常に「思い切って打ってこい」と選手を鼓舞した。そうした中、田中緋珠さん(同小6年)の2ベースヒットを鈴木紳之助君(同小4年)のタイムリーでつないで追いつき、抽選で決勝進出を決めた。

 決勝は久村イーグルス(横須賀)に5対0で勝利。主将でピッチャーの大城玲士さん(同小6年)は、「みんなで力を合わせて優勝できた。下級生、指導者、保護者のお陰です」と笑顔を見せた。同大会で小田原勢が頂点を飾るのは11年ぶりで、大窪は初めて。

 また、小田原市の酒匂ブルーウェーブが3位になった。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

全国に轟け「鶴宝(かくほう)」

全国に轟け「鶴宝(かくほう)」 経済

真鶴養殖岩ガキ 愛称決まる

1月23日号

公共施設 使用制限に差

公共施設 使用制限に差 社会

1市3町、緊急事態宣言下

1月23日号

個性武器に世界へ挑戦

下曽我在住青木友哉さん

個性武器に世界へ挑戦 文化

バレエ ローザンヌ出場へ

1月16日号

「今は我慢の時」

地域飲食店

「今は我慢の時」 経済

時短期間始まる

1月16日号

「ヒサと共に」

湘南ベルマーレフットサル

「ヒサと共に」 スポーツ

きょう久光選手追悼試合

1月9日号

ワクチン接種 体制整備へ

小田原市

ワクチン接種 体制整備へ 社会

新型コロナ対応で補正予算

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

木彫作品30点を展示

NEW新九郎

木彫作品30点を展示

1月24日まで倉橋元治展

1月13日~1月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク