バドミントン 橘中が5年ぶり優勝 県の新人戦 女子団体

スポーツ

掲載号:2020年12月5日号

  • LINE
  • hatena
栄冠を手にした橘中学のメンバー(同校提供)
栄冠を手にした橘中学のメンバー(同校提供)

 「神奈川県中学生選抜ジュニア強化バドミントン大会」が11月14日、相模原市で開催され、小田原市立橘中学校が女子団体で優勝を果たした。今大会は団体の新人戦にあたり、同校の優勝は5年ぶり2回目。

 今年はコロナ禍の影響で出場校を減らすかたちで、県内の各ブロック代表18チームが参加。チームごとに5人が出場し、ダブルス、シングルス、ダブルスの順で3戦して勝敗を決した。

 橘中は部長の川村萌々香さん(2年)を中心に勝ち進み、決勝で相模原市立大野南中学校と対戦した。

 橘中で指導に当たる三島元教諭によると「大野南中学は、小学生時代にスーパースターだったメンバーが集まった強豪校」。橘中は緊張の中で攻防を続け、最初のダブルスで勝利。ただ、続くシングルスでは接戦の末、惜しくも負けを喫し、第2ダブルスに望みを託した。

 期待を背負ったのは川村さん、出縄美波さんペア。競り合いながら一進一退の展開となった。結果は2対1。粘り強さを見せ、勝ち切った。

 川村さんは「練習してきたことが優勝につながり、とてもうれしい。指導してくれた多くの方に感謝しています。これからも練習に励み、夏の県総体も優勝し、関東・全国大会でも頑張りたい」と意欲を示した。同校は県代表として、来年2月の団体戦に臨む。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter