真鶴町道草書店 子育てとSDGsを学ぶ 地域の母親らと企画

社会

掲載号:2021年2月27日号

  • LINE
  • hatena
会議を開く中村さん夫妻(右)と玉田さん(奥)
会議を開く中村さん夫妻(右)と玉田さん(奥)

 真鶴町を拠点に夫婦で移動本屋を運営する「道草書店」(中村竹夫代表)と、町内の母親ら3人で企画した勉強会「真鶴×子育て×SDGs(エスディージーズ)」が1月から月1回、コミュニティ真鶴で開催されている。

 SDGsとは国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。昨年、書店を訪れた6歳と2歳の子を育てる玉田麻里さんから「SDGsという言葉を最近よく耳にするようになったが、自分たちにも関係があるのか」と疑問が持ち掛けられた。

 中村代表の妻・道子さんは発展途上国の経済や教育課題を考える国際開発学をイギリスの大学院で学んだ経験を持つ。「高齢化を抱える真鶴町で子育てとも関連が深いSDGsを学べる機会を作りたい」と勉強会を企画。玉田さんの友人で子育て中の西村梨沙さんと脇山絵真さんも趣旨に賛同した。

 1月に開催された会には地域の母親ら10人が参加。町の現状と照らし合わせながら、「男女の平等」や「フードロス」など、身近な課題を話し合った。参加者は「世界と町の状況がわかり、自分の考えがアップデートできた」など、感想が寄せられた。

 中村さんらは「SDGsは身の回りや日常の課題や困りごとに関わっている。自分たちで考え行動していくことが大事」と、3月は映画上映やワークショップを実施していく予定だという。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

グラウンドに歓声響く

グラウンドに歓声響く スポーツ

2年ぶりのマルクカップ

4月17日号

14人が養成講座を受講

14人が養成講座を受講 文化

小田原ガイド協会

4月17日号

聖火リレートーチを展示

小田原市

聖火リレートーチを展示 スポーツ

市庁舎ロビー 4月26日・27日

4月17日号

大人の塗り絵で入選

大人の塗り絵で入選 文化

デイサービス ふらっと

4月17日号

Students show their appreciation to doctors by messages

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Students show their appreciation to doctors by messages 社会

4月17日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter