小田原鳶職組合 130周年で記念誌作成 伝統・歴史を後世に

文化

掲載号:2021年3月27日号

  • LINE
  • hatena
小田原鳶職組合の現役員
小田原鳶職組合の現役員

 小田原鳶職組合が130周年を迎え、このほど記念誌を完成させた。3月に予定していた記念式典は新型コロナの影響で中止になったが、組合の歴史に触れた記念誌づくりに「この経験は無駄ではない」と同組合は話している。

 小田原鳶職組合は、1889(明治22)年に県知事の認可を受け発足。鳶職組合としては県内で最も歴史があるという。

 記念誌は、組合130周年と若手職人による若鳶会50周年の記念式典で配布するため準備してきたものだ。半纏姿の職人が並ぶ昭和40年代の集合写真や、出初式の梯子乗りや北條五代祭りのパレードなど現在の活動を紹介している。

 また「諸先輩方と古き時代を語る」と題したページでは、金子正房組合長(62)らと80代の先輩との座談会を掲載。食糧難の時代に「仕事師になればお茶が出てうまいものが食える」と言われつられて職人になった、組合に入るため木遣りの試験のようなものがあり大変だった、など当時のエピソードが記されている。金子組合長は「話しを聞いて鳶職人、組合としての記録を残しておこうと思った」という。

 かつて150人を超えていた組合員も現在は30人ほど。金子組合長は「伝統文化の継承や保存のために、これからも組合の活動を地域に知ってもらえるよう努めていきたい」と抱負を述べた。

 同組合・湯川吉寛さん(【電話】090・3209・3457)は「記念誌や記念品を希望者に進呈します。梯子の乗り子も募集しているのでご連絡ください」と話している。
 

左)鳶職組合許可書と組合員名簿台帳(記念誌より)
左)鳶職組合許可書と組合員名簿台帳(記念誌より)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「近隣からの来訪者」目立つ

箱根町GW観光客

「近隣からの来訪者」目立つ 社会

宿泊施設、厳しさ変わらず

5月15日号

五輪選手3人の企画展

小田原高校同窓会

五輪選手3人の企画展 スポーツ

ゆかりの資料も展示

5月15日号

自然と調和、新観光名所へ

湯河原町万葉公園

自然と調和、新観光名所へ 経済

リニューアルオープン

5月8日号

新たな学力調査導入

小田原市

新たな学力調査導入 教育

個人の「のび」、意欲に着目

5月8日号

「スーパーシティ」に名乗り

小田原市

「スーパーシティ」に名乗り 社会

国の公募、特区指定目指す

5月1日号

根府川関所址を後世に

根府川関所址を後世に 文化

地元有志が石碑を建立

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter