小田原鳶職組合 130周年で記念誌作成 伝統・歴史を後世に

文化

掲載号:2021年3月27日号

  • LINE
  • hatena
小田原鳶職組合の現役員
小田原鳶職組合の現役員

 小田原鳶職組合が130周年を迎え、このほど記念誌を完成させた。3月に予定していた記念式典は新型コロナの影響で中止になったが、組合の歴史に触れた記念誌づくりに「この経験は無駄ではない」と同組合は話している。

 小田原鳶職組合は、1889(明治22)年に県知事の認可を受け発足。鳶職組合としては県内で最も歴史があるという。

 記念誌は、組合130周年と若手職人による若鳶会50周年の記念式典で配布するため準備してきたものだ。半纏姿の職人が並ぶ昭和40年代の集合写真や、出初式の梯子乗りや北條五代祭りのパレードなど現在の活動を紹介している。

 また「諸先輩方と古き時代を語る」と題したページでは、金子正房組合長(62)らと80代の先輩との座談会を掲載。食糧難の時代に「仕事師になればお茶が出てうまいものが食える」と言われつられて職人になった、組合に入るため木遣りの試験のようなものがあり大変だった、など当時のエピソードが記されている。金子組合長は「話しを聞いて鳶職人、組合としての記録を残しておこうと思った」という。

 かつて150人を超えていた組合員も現在は30人ほど。金子組合長は「伝統文化の継承や保存のために、これからも組合の活動を地域に知ってもらえるよう努めていきたい」と抱負を述べた。

 同組合・湯川吉寛さん(【電話】090・3209・3457)は「記念誌や記念品を希望者に進呈します。梯子の乗り子も募集しているのでご連絡ください」と話している。
 

左)鳶職組合許可書と組合員名簿台帳(記念誌より)
左)鳶職組合許可書と組合員名簿台帳(記念誌より)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

各方面に「3年ぶり」の声

各方面に「3年ぶり」の声 社会

観光、学校行事など再開

5月28日号

ペーパーレス会議導入へ

小田原市議会

ペーパーレス会議導入へ 社会

資料電子化で効率化図る

5月28日号

初制覇へ「アツマーレ」

ベルマーレフットサル

初制覇へ「アツマーレ」 スポーツ

22日に開幕イベント

5月21日号

地域の「宝物」動画に

小田原箱根商議所

地域の「宝物」動画に 文化

ラグビーW杯、オリパラ契機

5月21日号

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook