少年ソフトボール 西湘が初の全国制覇 選抜19人の総合力で快挙

スポーツ

掲載号:2021年4月10日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ西湘の選手と指導者たち
優勝を喜ぶ西湘の選手と指導者たち

 小田原市、南足柄市の少年ソフトボールの選抜チーム「西湘」が、3月27日から30日に山口県で開催された第14回春季全日本小学生男子ソフトボール大会で優勝した。全国制覇は春夏通して初めて。

 西湘は毎年小学5年生を対象にセレクションを行い、今回は12チームから19人が選抜された。昨年11月の春季全国大会神奈川県予選で優勝し、全国への切符を手にした。

 年明けに緊急事態宣言が発出されると、選手たちは個人練習に励んできた。全国大会前のチーム練習は2日間のみだったが、昨年度、全国制覇を目指すも大会中止により涙をのんだ先輩たちを思い、「大会を開催してもらえるだけありがたい」という気持ちで挑んだ。

前回王者破り勢い乗る

 初戦の相手は前回王者の兵庫播州クラブ(兵庫県)。初回に1点を先制されるも、レフトの清水鼓太郎君(富水小)の好守でピンチをしのいだ。接戦を繰り広げ、2対3で迎えた4回裏、2アウトで打席に立った柳田快翔君(町田小)の三遊間を破るヒットを足掛かりに、譲原慧君(酒匂小)がレフト前ヒットでつなぎ、大津輝真君(同)のセンター前ヒットで逆転勝ちを決めた。

 優勝候補を4対3で下すと、2戦目の小戸・小松台合同チーム(宮崎県)では高杉蓮君(大窪小)が3塁打を放つなど活躍し8対1、3戦目の安ウイングス(広島県)に2対0で勝利。準決勝の日明ソフトボールクラブ(福岡県)戦では、剛腕ピッチャーを相手に遠藤慶君(芦子小)がセンター前にしぶとく落とすヒットなどで貢献し、相手の守備を乱して2対0で決勝戦へ駒を進めた。

 赤江ファイターズ(宮崎県)を迎えての決勝戦では、3回裏に廣瀬智也君(富水小)がフォアボールを選び出塁すると、野村侑平君(同)の2塁打で先制。その後好打線が続き、エースの湯浅拓翔君(同)が準決勝に続き無失点に抑えると、7対0のコールド勝ちで全国の頂点に輝いた。キャプテンの大野華那斗君(千代小)は「すごくうれしい。みんなで声を掛け合い、絶対に勝つぞと頑張りました」と振り返った。高橋貴博監督は「選手の個性を生かした総合力での勝利。本当によく頑張った。夏の連覇に向け、またゼロから練習していきます」と選手を激励した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「近隣からの来訪者」目立つ

箱根町GW観光客

「近隣からの来訪者」目立つ 社会

宿泊施設、厳しさ変わらず

5月15日号

五輪選手3人の企画展

小田原高校同窓会

五輪選手3人の企画展 スポーツ

ゆかりの資料も展示

5月15日号

自然と調和、新観光名所へ

湯河原町万葉公園

自然と調和、新観光名所へ 経済

リニューアルオープン

5月8日号

新たな学力調査導入

小田原市

新たな学力調査導入 教育

個人の「のび」、意欲に着目

5月8日号

「スーパーシティ」に名乗り

小田原市

「スーパーシティ」に名乗り 社会

国の公募、特区指定目指す

5月1日号

根府川関所址を後世に

根府川関所址を後世に 文化

地元有志が石碑を建立

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter