竹内怜櫂君(小田原市栢山) 初の囲碁日本一に ジュニア本因坊戦を制す

文化

掲載号:2021年4月17日号

  • LINE
  • hatena
小田原市内の碁会所で碁を打つ竹内君
小田原市内の碁会所で碁を打つ竹内君

 中学生以下の囲碁日本一を決める「第24回ジュニア本因坊戦」の全国大会(主催/毎日新聞社)が3月20日と21日に都内で行われ、竹内怜櫂(れいる)君(13・小田原市栢山)が初優勝を果たした。

 全国大会には10地区22大会を勝ち上がった32人の代表が集い、それぞれ5局を戦った。

 竹内君は、小学6年生で出場した「文部科学大臣杯少年少女囲碁大会」で小学生の部全国5位にもなった実力者。ジュニア本因坊戦は、昨年11月の神奈川大会で準優勝し全国への出場権を得た。

 最近調子があまり良くなかったといい、全国大会1日目で2勝したものの「優勝はあまり意識しなかった」。2日目も2連勝すると、大阪代表との優勝決定戦を大接戦の末に制し(白8目半勝ち)、ジュニア日本一のタイトルを手にした。同世代のライバルを相手に破竹の5連勝も「ほとんどギリギリだった」と淡々と振り返りながら、「我慢強く打てたのが良かった」と笑みをこぼした。

 囲碁教室に通っていた姉の影響で、3〜4歳でルールを覚えた。自身も教室に入り、6歳から本格的に取り組み始めるとめきめき上達。小学生で地域の碁会所の月例会、地方大会などに出場し、大人を相手に何回も優勝している。

 「序盤に打ち方がいっぱいある」。盤上に無限に広がる世界に魅力を感じている。詰碁の本を読んだり、インターネットで毎日2〜3時間対局したりと日々の鍛錬を欠かさない。憧れは江戸時代の棋士・井上幻庵因碩(いんせき)。「戦う棋風。自分も打てるようになりたい」。将来の目標は「棋士として活躍したい」と目を輝かせた。

優勝カップには歴代優勝者の名前が刻まれている
優勝カップには歴代優勝者の名前が刻まれている

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

乳がん検診啓発で勉強会

小田原ウイメンプラス

乳がん検診啓発で勉強会 社会

元プリプリ 富田さんら協力

10月23日号

地域活性に「ガンダム」

小田原市

地域活性に「ガンダム」 文化

マンホールカード、メダルも

10月23日号

腕時計端末で療養者支援

真鶴町・医療系2団体

腕時計端末で療養者支援 社会

自宅での計測値データ送信

10月16日号

「西側区域」整備へ

鬼柳・桑原地区工業団地

「西側区域」整備へ 経済

市が方針「企業誘致を推進」

10月16日号

牧島かれん氏が初入閣

牧島かれん氏が初入閣 政治

デジタル大臣に就任

10月9日号

エヴァ×箱根が金賞

アニメと異業種コラボ表彰

エヴァ×箱根が金賞 文化

観光による地方創生に評価

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook