竹内怜櫂君(小田原市栢山) 初の囲碁日本一に ジュニア本因坊戦を制す

文化

掲載号:2021年4月17日号

  • LINE
  • hatena
小田原市内の碁会所で碁を打つ竹内君
小田原市内の碁会所で碁を打つ竹内君

 中学生以下の囲碁日本一を決める「第24回ジュニア本因坊戦」の全国大会(主催/毎日新聞社)が3月20日と21日に都内で行われ、竹内怜櫂(れいる)君(13・小田原市栢山)が初優勝を果たした。

 全国大会には10地区22大会を勝ち上がった32人の代表が集い、それぞれ5局を戦った。

 竹内君は、小学6年生で出場した「文部科学大臣杯少年少女囲碁大会」で小学生の部全国5位にもなった実力者。ジュニア本因坊戦は、昨年11月の神奈川大会で準優勝し全国への出場権を得た。

 最近調子があまり良くなかったといい、全国大会1日目で2勝したものの「優勝はあまり意識しなかった」。2日目も2連勝すると、大阪代表との優勝決定戦を大接戦の末に制し(白8目半勝ち)、ジュニア日本一のタイトルを手にした。同世代のライバルを相手に破竹の5連勝も「ほとんどギリギリだった」と淡々と振り返りながら、「我慢強く打てたのが良かった」と笑みをこぼした。

 囲碁教室に通っていた姉の影響で、3〜4歳でルールを覚えた。自身も教室に入り、6歳から本格的に取り組み始めるとめきめき上達。小学生で地域の碁会所の月例会、地方大会などに出場し、大人を相手に何回も優勝している。

 「序盤に打ち方がいっぱいある」。盤上に無限に広がる世界に魅力を感じている。詰碁の本を読んだり、インターネットで毎日2〜3時間対局したりと日々の鍛錬を欠かさない。憧れは江戸時代の棋士・井上幻庵因碩(いんせき)。「戦う棋風。自分も打てるようになりたい」。将来の目標は「棋士として活躍したい」と目を輝かせた。

優勝カップには歴代優勝者の名前が刻まれている
優勝カップには歴代優勝者の名前が刻まれている

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「近隣からの来訪者」目立つ

箱根町GW観光客

「近隣からの来訪者」目立つ 社会

宿泊施設、厳しさ変わらず

5月15日号

五輪選手3人の企画展

小田原高校同窓会

五輪選手3人の企画展 スポーツ

ゆかりの資料も展示

5月15日号

自然と調和、新観光名所へ

湯河原町万葉公園

自然と調和、新観光名所へ 経済

リニューアルオープン

5月8日号

新たな学力調査導入

小田原市

新たな学力調査導入 教育

個人の「のび」、意欲に着目

5月8日号

「スーパーシティ」に名乗り

小田原市

「スーパーシティ」に名乗り 社会

国の公募、特区指定目指す

5月1日号

根府川関所址を後世に

根府川関所址を後世に 文化

地元有志が石碑を建立

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter