足柄ハリケーン県優勝 18年ぶり 悲願果たす

スポーツ

掲載号:2021年5月8日号

  • LINE
  • hatena
優勝した昨年度のチーム(チーム提供)
優勝した昨年度のチーム(チーム提供)

 藤沢市の秩父宮記念体育館で3月末に開催されたドッジボールの大会「神奈川FINAL BATTLE最強決定戦」オフィシャルの部(小学3〜6年)で、足柄ハリケーンが18年ぶりに県大会優勝を果たした。

 全国へつながる県大会が3月中旬に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で中止になり、代替として同大会が開催。試合時間の短縮など通常の大会とは異なるものとなったが、参加した24チームが熱戦を繰り広げた。

 6年生にとっては同大会が最後の試合。「楽な試合はなく、一戦一戦全力で臨んだ」と監督の川瀬豊州(とよくに)さん。キャプテンを務めた渡邉紘斗(ひろと)さん(現・白山中1年)は「ずっと準優勝、3位が続いていたが、最後の大会で優勝できてうれしかった」と話した。

春から新チーム

 足柄ハリケーンは県西で唯一のドッジボールチーム。現監督の川瀬さんが小学5年生のときに友人とつくったサークルを前身としている。

 足柄小の体育館で毎週練習をしており、小学1〜6年生と一部園児も加入できる。同小以外の児童も練習に通う。3月の大会で主力として活躍した6年生13人がこの春卒団。渡邉さんらOBの協力を得ながら、今年度は15人で新たなチームづくりが始まった。川瀬監督は「どんなチームになるか楽しみ」と語る。また「ドッジボールを通じて子どもたちが自立してくれたら」と思いを話した。

この春始動した新チーム
この春始動した新チーム

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

酒蔵新設にCF(クラウドファンディング)

結婚する2人に思い出を

結婚する2人に思い出を 社会

6月27日 入籍イベント

6月19日号

尊徳翁の教えを学ぶ

尊徳翁の教えを学ぶ 文化

6月26日 第2回実践報徳塾

6月19日号

箱根町に50万円寄付

箱根町に50万円寄付 社会

国際ソロプチミスト小田原

6月19日号

七夕飾りづくり

七夕飾りづくり 文化

6月24日 ミニイベント

6月19日号

Chocolates from Odawara may save people in Africa

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Chocolates from Odawara may save people in Africa 経済

6月19日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter