小田原市松永記念館 資料手掛かりに庭園復元 工事終え再開園

文化

掲載号:2021年7月17日号

  • LINE
  • hatena
復元された四阿
復元された四阿

 2020年9月1日から休館していた松永記念館(小田原市板橋941の1)が、昭和中期の庭園を復元する整備を経て、7月4日にリニューアルオープンした。バリアフリー化やインバウンド対策も併せて行い、市は幅広い集客につなげたい考えだ。

 今回の整備工事で復元や修景を目的とした工事箇所は主に2点。園内に残っていた礎石や当時の写真などを手掛かりに、景色を楽しみ休憩をする建屋である「四阿(しあ)」と、本館裏の石積階段を当時の姿に合わせて復元した。

 バリアフリー化を目的とした工事箇所は主に3点。道路から正門、別館へと続くアプローチ部分を舗装し、段差を解消。また、園内に砂利のズレを防止する保護材を敷き、車イスやベビーカーでの走行を便利にした。さらに、デッキスロープを設置したことで、池の西側まで段差を気にすることなく回れるようになった。

 このほか敷地にある案内板を多言語表記に変え、海外から訪れる人にも同館の魅力を届ける工夫も。再オープンから約1週間が経ち「きれいになったね、という声をいただく」と同館の担当者は話している。

茶人「耳庵(じあん)」の世界

 松永記念館は、戦後の電力再編成で大きな役割を果たした実業家で、茶人「耳庵」としても知られる松永安左ヱ門(1875―1971)が、古美術などの自身のコレクションを公開する施設として1959年に設立した。耳庵が作った庭園は四季折々の草花や奈良・平安時代の石造物が見どころで「日本の歴史公園100選」に選ばれている。また、耳庵が晩年を過ごした「老欅荘」や、茶室「葉雨庵」は国の登録有形文化財に指定されている。

 同館の学芸員・中村暢子さんは「コロナがあるけれど、オープンエアな空間なので市内の方も来てほしい。ちょうど睡蓮がきれいに咲いています」と話す。

 観覧無料。開館時間は当面の間、午前10時〜午後4時に短縮している。

設置されたデッキスロープ
設置されたデッキスロープ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

民間提案制度 対象を拡大

小田原市

民間提案制度 対象を拡大 経済

柔軟な発想 まちづくりへ

9月25日号

感謝と敬意 音色に込めて

バイオリニスト式町水晶さん

感謝と敬意 音色に込めて 文化

パラ閉会式で演奏

9月25日号

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook