大友八幡神社 先代の御神木を活用 「ありがたみ」生かし寄付募る

社会

掲載号:2021年8月14日号

  • LINE
  • hatena
横たわる御神木をチェーンソーでカットする古宮さん
横たわる御神木をチェーンソーでカットする古宮さん

 腐朽による倒木を未然に防ぐため3年前に伐採した大友八幡神社(小田原市東大友214)の御神木が、10cm角のグッズに生まれ変わる。一口3千円で神社運営のための寄付金を募り、御神木の「ありがたみ」を生かした返礼品として配布する試みだ。

 小田原球場近くの大友八幡神社の境内には、御神木が切り倒されたまま放置されていた。総代の小林正俊さんは「御神木だから焼却しちゃうのもふびん」と頭を悩ませていた。木材として提供するとしても運送費用などの負担が掛かる。また、境内樹木の剪定、本殿や神楽殿の整備・改修など神社運営のための費用も必要となっていた。

 「普通の木ではない、御神木であるからこそできることがないか」と今年6月、同神社の総代・飯倉正利さんが、寄付金の返礼品として配布する「ありがたい」グッズに加工することを発案した。飯倉さんを含めた総代4人は、仕事の合間を縫って、グッズ製作に取り組んでいる。

 境内に横たわる大木を、チェーンソーで持ち運べる大きさにカットして地元で木製品を製造販売する「(株)ラ・ルース」がキューブ状に加工し、レーザーで神社名などを焼き付ける。寄付の案内は9月頃、神社周辺の西大友、東大友、延清地区の住人に回覧板で協力を呼び掛ける予定だ。

 返礼品の製作後も御神木は約3分の2ほど残る。総代代表の古宮研三さんは「今回の返礼品のほかにも何か利用できたら」と話している。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

50年ぶりの七五三詣り

第44区自治会

50年ぶりの七五三詣り 文化

子どもの成長、地域で祝う

11月13日号

若手狩猟者と現場つなぐ

小田原市と小田急電鉄

若手狩猟者と現場つなぐ 社会

農作物被害解消に一手

11月13日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook