教室に木の温もり 市立新玉小が木質化

教育

掲載号:2021年9月4日号

  • LINE
  • hatena
木の香り漂う教室に生まれ変わった
木の香り漂う教室に生まれ変わった

 小田原市が公立小学校の木質化を図る「学校木の空間づくり事業」で、新玉小学校(末藤晃英校長)=市内浜町=の改修が8月末に終了した。木質化が図られた小学校は東富水小、酒匂小、豊川小に続いて4校目となる。

 今年度の事業となる新玉小では各学年のクラスや特別教室など16部屋と各教室のサイン、階段壁をリニューアル。夏休み期間を使って実施された改修では、市内産のスギとヒノキ合計約30㎥が用いられた。木質化された市内小学校では最も多くの材木が使用されている。

 今回は初めて教室後方に児童のランドセル収納棚を設置。これまで使われていなかった西側昇降口を整備し、憩いの空間として活用するなどの工夫も施された。

 同事業に携わったのは小田原市森林組合や小田原地区木材業協同組合、(一社)箱根物産連合会(いぶき会)など、地元団体も多い。施工を行った市建築事業協同組合の加藤諭代表理事は「地域の材木がたくさん使われ、ボリューム感ある出来映えになった。かつてのコンクリートとは異なる木の温かな雰囲気を児童にも味わってもらい、大事に使ってほしい」と話している。

 市では地域産木材の利用拡大と児童の学習環境向上を目的に、森林環境助成金を活用した同事業を2018年度から実施。市農政課の担当者は「これまでは年間1校のペースで木質化を進めているが、今後は増やしていくことも検討したい。市内全25小学校の木質化が目標」と話している。
 

愛らしいサインはいぶき会が製作
愛らしいサインはいぶき会が製作

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook