小田原市 地域活性に「ガンダム」 マンホールカード、メダルも

文化

掲載号:2021年10月23日号

  • LINE
  • hatena
ガンダムのマンホールを模したメダル
ガンダムのマンホールを模したメダル

 バンダイナムコグループが自治体と展開する人気アニメシリーズ「機動戦士ガンダム」のマンホールプロジェクト。第1弾となった小田原市ではマンホールカードの配布やメダルの販売を10月22日から開始するなど、地域活性の起爆剤として期待を寄せている。

 機動戦士ガンダムは、1979年にテレビ放映開始のロボットアニメ作品。今回のプロジェクトは同グループが、おなじみのキャラクターを観光資源の一つとして地域活性に生かすほか、世代を超えたガンダムファンとの絆を表す取り組みとして、オリジナルデザインのマンホールを設置するもの。

 第1弾として作品の生みの親、富野由悠季さんが小田原市出身であることから今年7月に小田原市へマンホール2種が寄贈された。主人公が操るモビルスーツ「ガンダム」デザインはダイヤ街商店街内、ライバルが搭乗する「シャア専用ズゴック」は、小田原漁港内に設置。小田原城とちょうちん灯台が背景に描かれ、小田原独自のデザインになっている。

 寄贈を受け、市は下水道広報プラットホームの企画・監修でマンホールカードを作成。市上下水道局は「今回のカード配布が上下水道を身近に感じるツールの一つになれば」と話す。

 8月に配布予定だったが感染症対策のため延期して10月22日から小田原市観光交流センターで開始。カードには「ガンダム」のマンホールが描かれ、先着順で1人1枚もらえる。

 また同センターの指定管理者「三の丸地域循環創造事業体」がガンダムマンホールのメダル2種類を同日から販売し、プロジェクトを盛り上げる。価格は各900円。

 同センター長の前島真弓さんは「小田原の街巡りを楽しむきっかけになれば」と話す。センターの開館時間は午前9時から午後5時まで。(問)観光交流センター【電話】0465・46・8403

関連企画も

 図書館ではマンホールのレプリカが飾られるほか、富野さんの著作と関連図書の貸出・展示を実施。中央図書館は24日(日)まで、小田原駅東口図書館は26日(火)から11月7日(日)まで。今後、小田原市初のご当地ナンバープレートのデザインにも採用予定という。

マンホールカード
マンホールカード

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook