おだわらイノベーションラボ 交流の拠点で学公連携へ 第1弾は城北工業とコラボ

教育

掲載号:2021年10月30日号

  • LINE
  • hatena

 ミナカ小田原に今年7月、公民交流の拠点として開設された「おだわらイノベーションラボ」。この場所で業務を行う市企画部未来創造・若者課が近隣高校との連携を模索する取り組みを進めている。

 現在はラボの一角に貼られた黒板壁紙の活用策として、県立小田原城北工業高校デザイン科3年の生徒との作画計画が進行中。コンセプトやデザインを固めた後、11月から2カ月ほどかけて生徒が制作に取り掛かる予定だ。

 同課では現在、若者の表現や活躍の場として、ラボの活用を近隣高校に呼び掛けている。担当者は「地域の専門学科がある高校を中心に、ここで何かやりませんかと提案しているところ。城北工業デザイン科生徒との取り組みが今後の連携のきっかけになれば」と期待を込める。

 イノベーションラボはコワーキングスペースや会議室も併設されており、現在は市内企業など約320者が登録。4カ月で約2千人がラボを利用している。スペースの活用事例としてはテレワークに加え、これまでに行政と企業の若手同士による交流や地域団体によるイベントなどが行われたという。

 イノベーションラボ利用登録や規約などはHPで確認を。詳細は同ラボ【電話】080・4429・6253。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

箱根町役場で献血

箱根町役場で献血 文化

1月25日 正面駐車場で

1月22日号

新戦力加入で大幅補強

湘南ベルマーレ

新戦力加入で大幅補強 スポーツ

2022シーズン新体制発表

1月22日号

クリニック併設 安心の住まい

クリニック併設 安心の住まい 社会

22日・23日 試食付き見学会

1月22日号

特設サイトを開設

真鶴町 公園づくりプロジェクト

特設サイトを開設 文化

情報拠点目指す実証実験

1月22日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月22日号

織り姫を募集中

湘南ひらつか七夕まつり

織り姫を募集中 文化

1月31日締切

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook