神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

公示地価 1市2町でプラスに バブル期以来の上昇基調

経済

公開:2024年4月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
商業地の市内最高額付近(栄町2丁目)
商業地の市内最高額付近(栄町2丁目)

 国土交通省は3月26日、公示地価(1月1日時点の土地1平方メートル当たりの正常な価格)を発表した。住宅地の平均変動率は県内12市町村で前年の下落から上昇に、小田原市や湯河原町、箱根町でも前年比プラスに転じた。

 小田原市では、住宅地37点、商業地15点、工業地3点、現況林地1点の価格が発表された。住宅地の平均変動率は、バブル期が終了した後の1992年に下落を始めてから、2008年に一度上昇するも、継続して下落が続いていた。今回の発表では、前年のマイナス0・5%から、0・5%へ上昇に転じた。住宅地の最高額は「城山3丁目717番10」の19万円(変動率2・2%)、商業地の市内最高額は小田原駅東口の「栄町2丁目555番19外」の75万1千円(同4・0%)だった。

 箱根町は、住宅地の平均変動率が前年の0%から1・5%に上昇。別荘やオーナーが所有する一室を自己利用しないときに客室として提供できるコンドミニアムの需要増に伴い、高い上昇率となった。

 湯河原町の住宅地の平均変動率は、記録が残る1990年以来初めての上昇。真鶴町は下落率が縮小するも全用途でマイナスが続く。

 神奈川県の用途別平均変動率は、前年比で住宅地が2・8%、商業地が5・4%、工業地が5・9%。それぞれ、3年連続、12年連続、11年連続で上昇している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

創業84年 歴史に幕

定食屋のんき亭

創業84年 歴史に幕

5月末、移転先なく決断

5月25日

加藤氏返り咲き

小田原市長選

加藤氏返り咲き

「まっとうな市政取り戻す」

5月25日

まちに住んだ著名人の記録

十字町商店会

まちに住んだ著名人の記録

歴史冊子「ヒストリア」刊行

5月18日

箱根町が県内最低

合計特殊出生率

箱根町が県内最低

唯一「1.0」を下回る

5月18日

優勝目指し「アツマーレ」

湘南ベルマーレF

優勝目指し「アツマーレ」

小田原駅前で開幕イベント

5月11日

阿武剋関に化粧まわし贈呈

旭丘高校

阿武剋関に化粧まわし贈呈

同校出身、新十両に昇進

5月11日

あっとほーむデスク

  • 5月25日0:00更新

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook