神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

(株)T-FORESTRY 山林維持にMTBが一役 自転車活用、国交省が評価

社会

公開:2024年6月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
T-FORESTRYの鈴木毅人統括マネジャー
T-FORESTRYの鈴木毅人統括マネジャー

 小田原市の山林でマウンテンバイク(MTB)施設などを運営する(株)T─FORESTRYがこのほど、国土交通省から「自転車活用推進功績者」として表彰された。全国から1個人と4団体が選出され、神奈川県からは同社が唯一の選出となった。

 二酸化炭素の低減や自動車依存を抑制しようと2017年に施行された「自転車活用推進法」。表彰はこれに基づき、自転車活用の顕著な功績に対して行われている。同社の表彰は、初心者に焦点を当てた施設「フォレストバイク」でのMTB普及や、近隣団体と連携した地域活性の取り組みが評価されたものだ。

 江戸時代から市内久野と荻窪の藩有林で林業が行われてきた「辻村農園・山林」を管理するT─FORESTRY。森林経営の一策として2010年、樹上アトラクション施設「フォレストアドベンチャー」を開設し、17年にオープンしたのがフォレストバイクだ。欧米で人気が高まっていたMTB施設を先駆的に導入したもので、現在は海外からの旅行者なども含め、年間約5000人が訪れている。

 同社統括マネジャーで施設の導入を進めた鈴木毅人さんは「森林所有者とMTB利用者の視点を融合し、新たな林業経営と自転車文化を育んでいければ」と語す。

森林活用の可能性

 今回の表彰を受け、6月6日に同社の辻村百樹代表取締役=人物風土記で紹介=と鈴木さんが加藤憲一市長を表敬。「MTB施設を林業の次の一手に」(辻村代表)と今回の表彰の背景などを報告した。加藤市長は「元々の森林利活用が進化していると感じた。これまでと違う可能性を開く事業」と今後の期待を語った。

辻村代表(左)が加藤市長(中)を表敬
辻村代表(左)が加藤市長(中)を表敬

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

開館30周年で記念企画

小田原市立中央図書館

開館30周年で記念企画

市民連携で「出会う機会を」

7月13日

巡る箱根芸術祭、初開催

巡る箱根芸術祭、初開催

7月19日から、約20会場で

7月13日

真鶴で100人のパレード

西湘クィアプライド

真鶴で100人のパレード

LGBTQ+、知る契機に

7月6日

見守りサービス認知向上へ

小田原市

見守りサービス認知向上へ

推進協議会を設立

7月6日

内藤氏が初当選

湯河原町長選

内藤氏が初当選

「町民の代表として町政を」

6月29日

2年連続で過去最高

2023年小田原市観光入込客数

2年連続で過去最高

前年比115%、消費額も更新

6月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月6日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook