神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

湯河原町長選 内藤氏が初当選 「町民の代表として町政を」

政治

公開:2024年6月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
支援者らと当選を喜ぶ内藤氏
支援者らと当選を喜ぶ内藤氏

 湯河原町の冨田幸宏町長の死去に伴う町長選が6月23日に投開票され、元同町参事で新人の内藤喜文氏(64・無所属新人)が元町議で新人の土屋由希子氏(41・無所属新人)を破り初当選した。

 町職員として40年以上勤務してきた内藤氏は、実質的には冨田町政の継承者として多くの町議などの支援を受けて組織選を展開。町の活性化策として、温泉場のにぎわいの創出、「宿泊税」の導入などを主張した。

 6月23日午後10時50分頃、過半数を獲得し当選確実となった内藤氏は、檀上で支援者を前に「応援していただいたみなさんの力で、無名だった私が選挙を戦うことができた。私が町長ということでなく、町民の代表として町政を進めていきたい」と話した。最終的には7284票を獲得。土屋氏に対し3300票以上の大差をつけて新人同士の戦いを制した。

 一方、前回(23年)の町長選に落選するも、24年の町議選で復活した土屋氏。「立候補者の中に自分が町長になってもらいたい人がいない」と町議を自動失職し町長選に挑んだ。「町の存続は子どもが生まれない限りできない」と助産院開院の支援、待機児童解消などを挙げたが叶わなかった。

 敗戦が決まると土屋氏は、「前回(4570票)より上乗せできると思っていたが、掲げた未来が受け入れてもらえなかった。政治家を続けるにしても4年後。選挙へ出る出ないに関わらず町のために自分を使っていきたい」と話した。

 当日有権者数は2万493人(男9553人、女1万940人)。投票率は55・50%で、52・58%だった前回の町長選を2・92ポイント上回った。

敗戦の弁を述べる土屋氏
敗戦の弁を述べる土屋氏
内藤氏が初当選-画像3

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「飛鳥III」就航前に公開

町立湯河原美術館

「飛鳥III」就航前に公開

画家の平松礼二さん 特別展

7月20日

危険な暑さに「避難場所」

小田原市

危険な暑さに「避難場所」

民間と公共23施設を指定

7月20日

開館30周年で記念企画

小田原市立中央図書館

開館30周年で記念企画

市民連携で「出会う機会を」

7月13日

巡る箱根芸術祭、初開催

巡る箱根芸術祭、初開催

7月19日から、約20会場で

7月13日

真鶴で100人のパレード

西湘クィアプライド

真鶴で100人のパレード

LGBTQ+、知る契機に

7月6日

見守りサービス認知向上へ

小田原市

見守りサービス認知向上へ

推進協議会を設立

7月6日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook