足柄版 掲載号:2015年5月30日号 エリアトップへ

山北町 カンヌ受賞作の舞台に 駅前通り、谷峨駅、鉄道公園のシーンも

文化

掲載号:2015年5月30日号

  • LINE
  • hatena
『岸辺の旅』黒沢清監督 10月1日(木)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー©2015「岸辺の旅」制作委員会/COMME DES CINEMAS ショウゲート配給
『岸辺の旅』黒沢清監督 10月1日(木)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー©2015「岸辺の旅」制作委員会/COMME DES CINEMAS ショウゲート配給

 昨年5月に山北町内で撮影され、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式招待された黒沢清監督作品『岸辺の旅』が、現地時間の23日(日本時間24日)に監督賞を受賞した。ロケ地”YAMAKITA”で、喜びの声と撮影時のエピソードを取材した。

 「この結果を心待ちにしていた」-。そう話すのは山北駅前通り「丸善露木商店」の露木隆丸さん(59)。昨年5月の撮影では、店のレジ前で女優の深津絵里さんと共演。ロケ弁当の注文も受けた。

 「深津さんと一緒にレジからお金を出す練習をした。『緊張しませんね』と声をかけられた。楽しい経験をさせてもらった。カンヌへ出品することをスタッフから聞き結果を楽しみにしていた」と、興奮冷めやらぬ様子で話した。

 スドウ薬局の須藤啓さん(64)は「新聞配達を生業にする初老の男性」を演じる俳優・小松政夫さんとのエピソードを語った。

 バイクに乗る撮影が続き手首を痛めた小松さんがふらりと薬局にやってきた。そんな小松さんの手首に冷たい湿布をあてた。「いや〜気持ちいいね〜」と喜ぶ小松さんにマッサージもした。「そこに座りながら気さくに話してくれた」と陽気に語った。

 田中屋肉店の瀬戸義信さん(49)は「餃子を作るシーンやすき焼きを食べるシーンがあったらうちの食材」と笑顔で話し、人手が足りない時には照明係りとして撮影に参加したという。

 製作会社(株)オフィス・シロウズのプロデューサー押田興将さん(45)は「山北の皆様にはとても良くして頂いた。駅前通りや体育館、鉄道公園など黒沢監督も気に入っていた。山北は本編でも重要なシーンになっている」と話す。

 映画は10月1日公開。失踪から3年が経ったある日、夫(浅野忠信)が突然、妻(深津絵里)の目の前に現れ、3年間で世話になった人々を訪ね旅に出る物語。

 作品の撮影は山北町で始まり、町内での撮影は約2週間続いた。本編では山北駅前通りのほか鉄道公園や住宅地、JR御殿場線「谷峨駅」も登場し、谷峨駅のシーンはカンヌ国際映画祭公式サイトのフランス語プレス資料に掲載されている。

 山北町の湯川町長は「山北で撮影した作品が国際的な賞を受賞されとても嬉しい。黒沢監督に心からお祝い申し上げたい。映画を観た人が町内のロケ地を巡ってもらえたら嬉しい」と喜びを語った。

旅に出た二人は谷峨駅に降り立つ
旅に出た二人は谷峨駅に降り立つ
撮影の様子を再現する露木さん
撮影の様子を再現する露木さん

足柄版のトップニュース最新6

みかんもぎに予約殺到

大井町相和地区

みかんもぎに予約殺到 社会

収穫体験型に秘訣あり

11月30日号

山北町で新たな定住対策

山北町で新たな定住対策 経済

水上住宅基本構想を発表

11月30日号

虫沢古道を守る会が10年

虫沢古道を守る会が10年 文化

地元の古道復活に尽力

11月23日号

安全運転管理者会が50周年

安全運転管理者会が50周年 経済

18日に記念式典

11月23日号

大阪桐蔭高が5年連続公演

大阪桐蔭高が5年連続公演 文化

南足柄コンサートが定着化

11月16日号

ミャンマーから実習生

ミャンマーから実習生 社会

「草の家」と「和らぎ」

11月16日号

100人カイギ 行政と連携

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク