神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年7月6日 エリアトップへ

山北に蒸留所がオープン 年10万本ウイスキー製造

経済

公開:2024年7月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
蒸留所を背に、橋口取締役(左)と藤井工場長
蒸留所を背に、橋口取締役(左)と藤井工場長

  丹沢蒸留所が山北町中川の箒スギそばに7月下旬にオープンする。山北の地下水で造られたウイスキーが製造され、一部は山北でも販売される。

 蒸留所を稼働させたのは惣菜を中心に取り扱う食品会社「(株)DELIもっと」(東京都大田区)。現在は、PB(プライベートブランド)ウイスキー『信玄』を山梨の会社に製造委託し、年間2万8千本(700ミリリットル)を中国を中心に出荷している。

 同社は念願であった「自社のウイスキーを出荷したい」と、2018年から蒸留所の建設地を探し、翌年に山北町に場所(中川822)を見つけた。今年7月から蒸留所を稼働させることになった。水は地下水から汲み上げる。

 ウイスキー部門責任者の橋口守取締役は「山北は水、気温、湿度などウイスキー造りに適しています。オープンにあたり地元の方々に多大な協力をいただき感謝しています」と話す。

 貯蔵庫を備えた新蒸留所は最大、年間10万本(700ミリリットル)の製造が可能。当面は原酒を仕入れ、山北の水に適したPBウイスキーを製造していくが、3年後を目途に原料の大麦から仕込んだものも製造する計画だ。完成したウイスキーのほとんどが、海外への出荷となるが、一部は地元でも販売していく予定。藤井和宏工場長は「山北発のウイスキーとして早く定着させ、地元にも愛される製品にしていきたい」と話した。

足柄版のトップニュース最新6

自転車も安全意識高めて

開成町

自転車も安全意識高めて

小学生に運転免許交付

7月20日

物流2024年問題を調査

神奈川県トラック協会

物流2024年問題を調査

 働き方改革関連法うけ

7月20日

夕日の滝に新トイレ完成

夕日の滝に新トイレ完成

高齢者らも使いやすく

7月13日

夏山は計画的な登山を

夏山は計画的な登山を

山岳救助隊が注意喚起

7月13日

県が有毒植物に注意喚起

県が有毒植物に注意喚起

果実食べ、男性食中毒に

7月6日

山北に蒸留所がオープン

山北に蒸留所がオープン

年10万本ウイスキー製造

7月6日

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202307/56345.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook