秦野版 掲載号:2012年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

ロンドン五輪柔道73kg級の銀メダリスト 中矢 力さん 南矢名在住 23歳

見据えるは4年後の「挑戦」

 ○…「『リベンジ』より決意がこもっている感じがするので…」。帰国後、サインの横に4年後を見据えた「挑戦」の文字を書くようになった。マジックを握る手も書く字も、気持ちを代弁するかのように力強い。

 ○…愛媛県松山市出身。兄の影響で柔道を始めたのが5歳。その後小・中・高と柔道漬けの日々を送ってきた。自身の練習を振り返り「周りの言葉を素直に聞いて一生懸命努力すれば誰でも強くなれる」と子どもたちにエールを送る。高校2年生でインターハイ73kg級を制覇。東海大学に進学していた兄の言葉や、同大コーチの熱い想いが後押しとなり、「大学柔道の雄」として知られる同大への入学と上京を決めた。

 ○…秦野は「故郷と似ている。落ち着いていて住みやすい」とにこやかに話す。今年ALSOK社に入社した新社会人。同社を選んだ理由も「練習や生活の環境を変えたくなかったから」と照れ笑い。照れ屋とは本人談だが、常に絶やさない笑顔は「周りから好かれる、いいスマイル」と同社の先輩も太鼓判を押す。

 ○…日頃から大学周辺の店を利用し、学生時代からの顔見知りの店舗も多い。「リキ」と下の名前で呼びサービスしてくれる店も多いが「減量の時はきついです」と笑う。好物は麺類、日本食。帰国後秦野に戻るその足で、尊敬する井上康生コーチに連れられ寿司屋で日本の味を堪能した。「水タコが美味しかったです」と振り返る笑顔は、23歳、食べ盛りの若者の表情だ。

 ○…試合前は頭の中で今までの練習を振り返る。その際の右手を左胸に当て上を向く仕草は一種のげん担ぎで、大学時代心理学で学んだ「上を向くと落ち着き、前向きになる」という話がきっかけだという。「メダルは、家族やコーチ、仲間、地域の方たちなど、日本の皆様の応援を通しとれたもの。これからも日本そして秦野市民代表として、挑戦を続けていきたい」とこの日一番の笑顔を見せた。
 

秦野版の人物風土記最新6件

関野 裕太郎さん

2018年度秦野市PTA連絡協議会会長の

関野 裕太郎さん

4月27日号

長澤 智子さん

4月22日、文化会館で開催する秦野市民交響楽団の演奏会で朗読を行う

長澤 智子さん

4月20日号

五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん

4月22日、文化会館で20周年公演を開催する日本舞踊五月流「みやこ会」会主の

五月(さつき) 千都弥(せんつや)さん

4月13日号

村山 英彦さん

秦野警察署長に就任した

村山 英彦さん

4月6日号

鈴木 弓弦さん

秦野サブカルチャー祭実行委員会の委員長を務める

鈴木 弓弦さん

3月30日号

國松 基祥(もとよし)さん

3月30日文化会館で子どもたちのショーを開く「Link」の代表を務める

國松 基祥(もとよし)さん

3月23日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク