秦野版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

凧(たこ)っ平(ぺ)で干支凧の仕上げ しっぽだけチラリ

名入れをする浅見さん。達磨は一枚一枚表情が異なる
名入れをする浅見さん。達磨は一枚一枚表情が異なる

 市内渋沢にある「招福凧の凧っ平((株)クラフトおじさん企画)」の工房で、来年の干支凧の仕上げ作業が進んでいる。

 しかし、筆を走らせる浅見宝さん(33)の手元に大きく描かれているのは来年の干支「巳(へび)」ではなく達磨。

 浅見さんが研究している「干支学」によると「来年は自分(我)を出してはいけない年」だとか。そこで、ヘビは達磨の後ろに姿を隠してしっぽだけを見せているデザインにしたとのこと。

 もともと達磨も縁起の良い絵柄だが、この干支凧にはもうひと工夫。眉毛には鶴、頬のヒゲには亀の隠し絵も描きこまれている。

 「丸い達磨は家庭円満。ヘビは財運の象徴で、尾でかき集めるという意味も込めています」と浅見さん。

 同社の干支凧は、秦野駅前の名産センターで購入できる。名入れの希望はファックス0463・88・3939またはEメールtako@japan.email.ne.jpで受付け。12月5日(水)から11日(火)は、横浜高島屋6階で実演販売も行う。
 

白く見えるのがヘビのしっぽ。眉に鶴、頬のヒゲには亀の隠し絵も
白く見えるのがヘビのしっぽ。眉に鶴、頬のヒゲには亀の隠し絵も

秦野版のローカルニュース最新6件

民児協パネル展

本町

民児協パネル展

5月4日号

口腔がん無料検診

陸上競技を学ぼう

箱根駅伝や全国入賞の経験者から

陸上競技を学ぼう

5月4日号

児童と給食囲み懇談

「1本」にこだわる空手大会

八重桜で春爛漫

八重桜で春爛漫

4月27日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク