秦野版 掲載号:2015年2月26日号
  • LINE
  • hatena

春告げる炭焼きの煙 中丸の里山を守る会

社会

窯に並べられた竹材
窯に並べられた竹材
 秦野市寺山の中丸沢を中心に、桜の植樹や清掃等の活動をしている「中丸の里山を守る会」(石井貞男会長・61)が2月22日、恒例の炭焼きを行った。

 当日は会員や近隣住民が参加。石井さんが開いている蕎麦店「手打ちそば石庄庵」の炭焼き釜に、2週間前に伐採した竹材を切り揃えて並べていった。

 約1tの竹は一昼夜焼かれ約400kgの竹炭が完成。竹炭は同店で販売し、地域の授産施設や秦野市出身の全盲のアコーディオン奏者熊坂栄弥さんの活動資金に充てられる。石井会長は「寺山には春が訪れています。ぜひ足を運んでいただきたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク