秦野版 掲載号:2015年6月20日号
  • LINE
  • hatena

戸川砥の文化学ぶ 八幡神社で工作教室

教育

戸川砥で金属を研ぐ子どもたち
戸川砥で金属を研ぐ子どもたち
 戸川三屋鎮守の里を育む会が6月13日、砥石工作教室を行った。「戸川」の地名は、砥石が多く採取できる川の地域という「砥石川」が由来と言われ、かつては秦野でも戸川砥(とかわと)という砥石が使われていたという。この文化を地元で保存し、伝えていこうと「戸川砥(秦野産砥石)保存・普及チーム」代表の藤本節男さんと生命の星・地球博物館の外来研究員・門田真人さんを講師に招き、昨年から工作教室を実施している。

 教室には子どもから大人まで20人が参加。戸川砥の説明を受けたあと、藤本さんが考案した戸川砥に柄をつけた「刃みがきくん」作りを行った。作った「刃みがきくん」で錆びた金属の試し研ぎも行われ、参加者のひとりは「戸川の由来を知らなかったので勉強になった」と話していた。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク