秦野版 掲載号:2015年11月12日号
  • LINE
  • hatena

宮城の剣士に竹刀寄贈 市内道場から50本

スポーツ

東松島市剣道スポーツ少年団団員と士道舘の安藤兄弟
東松島市剣道スポーツ少年団団員と士道舘の安藤兄弟

 秦野市内の剣道場から、宮城県東松島市剣道スポーツ少年団に竹刀50本が贈られた。

 秦野市内の道場や中学校剣道部が参加して5月に開催された「第5回天下一武道会」(主催/士道舘・石橋幸一郎代表)で、大会パンフレットを販売した売上75000円で購入したものだ。

 士道舘では東日本大震災が発生した2011年から、被災地の剣士に竹刀を贈ろうと近隣の道場に呼びかけチャリティー大会を開催。これまでの5年間で福島、岩手、宮城の少年剣士に265本の竹刀を贈っている。

 今年は士道舘門弟の安藤拓海さん、歩夢さん兄弟が東松島市まで出向いて直接手渡した。2人は、道場で一緒に稽古も行ってきたという。届けられた竹刀は、9月の同市剣道大会で参加賞として少年剣士たちに手渡された。

 石橋代表は「これからも剣道を通して復興支援を続けていきたい」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク