秦野版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

「葉書」に見立て 文字刻む 清水町在住の小宮さん

文化

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
小宮さんが般若心経をつづったタラヨウの葉
小宮さんが般若心経をつづったタラヨウの葉

 木の葉にしたためられた、細やかな般若心経。書いたのは秦野市清水町在住の小宮卓二さん(84)。モチノキ科の常緑樹であるタラヨウの葉を「葉書」に見立て、手のひらサイズの葉に様々な文字をつづっている。

 タラヨウの別名は、「はがきの木」。葉の裏面は傷をつけると色が変わるため、文字や絵を書くことができることに由来している。

植物好きの好奇心

 小宮さんがタラヨウの葉に文字を書くようになったきっかけは、約15年前に夫婦で巡ったお遍路参り。途中で立ち寄った法起院(奈良県)の境内にタラヨウがあり、「葉書」の由来であると記されていたという。

 古代インドでは釈迦の教えを伝えるためヤシ科のタラジュの葉に書き記しており、その後中国に伝わる際にタラヨウが用いられるようになったと言われている。 若い頃から植物が好きだった小宮さんは、自生するタラヨウを手に入れさっそく自宅で挑戦した。数年後には「野生の葉は小さいから」と苗木を探し、自宅の庭に定植。本格的に制作を始めた。

 東京農業大学出身で、吉田島農林高校(当時)で教諭も務めた小宮さん。自宅の本棚には植物の図鑑や資料がずらりと並んでいる。タラヨウについても様々な文献に目を通し、試作を繰り返した。葉の表面よりも裏面の方が文字が浮き出ること、若い葉より厚みのある前年の葉が書きやすいことなど、独学で知識を深めた。「タラヨウに書いた文字は数百年も保つと言われているんですよ」と、自身でまとめた資料を眺めながら話した。

 年賀状に見立てて「あけましておめでとうございます」と書いたり、制作のきっかけが法起院だったことから写経をしたり。これまでの昨品は1枚1枚丁寧に方眼用紙に貼り、保存している。

 3月25日には、清水町の65歳以上の住民で構成する団体の集まりで、「葉書」の作り方を教えた。参加者は「いつまでも元気に長生きしますように」「いつもありがとう。これからもよろしく」など願い事や家族への思いをしたためた。

 「古代インドで用いられていたというヤシ科の葉にも書いてみたいです」。小宮さんの好奇心は、まだまだ尽きそうにない。

参加者にアドバイスする小宮さん(右)
参加者にアドバイスする小宮さん(右)

秦野版のローカルニュース最新6

合格願うお米今年も

合格願うお米今年も 社会

じばさんずで祈願祭

12月3日号

除菌スプレーを寄贈

飲食店組合

除菌スプレーを寄贈 社会

戸川の松下園に

12月3日号

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック 文化

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月3日号

写るん会写真展

犯罪に強いまちづくり、交通死亡事故ゼロめざして

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に

【web限定記事】秦野西小、西中学校出身の塗装技能士・綾部淳さん

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に 社会

今年度「かわさきマイスター」の認定受ける

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook